「なぜ茨木にアート?」HUB-IBARAKI (ハブ・イバラキ)ART COMPETITION」

はい、いばジャルです。

茨木ジャーナルでも偶然、街で出会った風景として作品を掲載した、
「HUB-IBARAKI ART COMPETITION(ハブ・イバラキ・アートコンペティション)」の展示。
【こんなところに花が咲いてる-ローズWAM-】
【市民会館の駐輪場のところにお風呂ができる?】
【机がこんなことに! 茨木クリエイトセンター】
【ある小学校の風景】

今、茨木市内の公共施設7ヶ所に展示されている作品は、9月5日までの展示です。

先日、この「ハブ・イバラキ アート コンペティション」の第2回目開催について掲載しました。
でもワタシを含め、
「茨木にアート?どうしてどうして?」という疑問を持つ方もいらっしゃいますよね。
せっかくの機会なので、実行委員の方に伺ってきました。

ハブイバラキパンフDSC04649

今回、お話を聞かせて下さったのは、
茨木市若手芸術家育成事業『HUB-IBARAKI ART』実行委員長の河上友信さんと
同(2014年)実行委員の緒方江美さんです。

河上友信さん:GLAN FABRIQUE inc. 代表、茨木芸術中心代表、
緒方江美さん:Total art planter うえきや代表兼プログラム・コーディネータ

第1回HUB-IBARAKI(ハブ・イバラキ)のこと

「アートと人々の出会いの場、アートを介した交流の場を創造します」というコンセプトで選ばれた7作品。
わかるようなムズカシイようなコンセプトが書いてありますが、
振り返ってみると、ワタシが出会ったハブ・イバラキの作品は
ふら~っと歩いていた時に偶然出会ったもの。

制作の途中で出会って、思わず声をかけちゃったり、
たまたま見つけて「わぁ!」と思ったり。

もしかすると、そういうことを言ってるのでしょうか。

第1回のハブ・イバラキでは、関連イベントとして
作品完成発表会で7作品の作家と審査員のトークイベントの他、
展示作品を見て歩く「スタンプラリー」や「アートツアー」が実施されました。
「アートを介した交流の場」というのは、そんなイベントのことかもしれません。

「実は、自然と生まれたイベントもあったんです」と
今回、実行委員を務める緒方江美さん。

緒方さんは、
以前、茨木ジャーナルでも掲載した「お風呂」の作品を出展した作家さんのお一人です。
【茨木市民会館の駐輪場にお風呂ができる?!】の記事

茨木ジャーナルでも掲載しましたが、
ローズWAMで開催された藤本絢子さんの展示会とトークイベントは
展示をしていく中で生まれたイベントだったのだそうです。
【ローズWAMで藤本絢子さんのイベント開催】

緒方さんのお話では、
ただ作品を作って展示するのでなく
その場所で制作をしていきながら、地域の人の目に触れたり、声をかけてもらったりすることが、このハブ・イバラキの特長の一つなのだそうです。

緒方さんが制作で参加したあのお風呂の作品でも
毎日見に来る方がいらっしゃったり
たまたますぐそばの福祉会館の売店の方から、
「茨木っちゅーたら、ザビエルちゃう?」と聞いて、それを作品に取り入れたり・・とそんなこともあったんですって。

茨木市民会館ハブ茨木準備中

「制作側からすると、声をかけてもらえることは嬉しいんです。作品について話をできたりもするので」と緒方さん。

「特に屋外展示の場合、その地域の様子ってわかるんだなぁと思いました」と言います。
この半年間、落書きやひどい悪戯などはなく
「茨木って平和だなぁと思いましたよ」と緒方さんは話します。
一部損傷などはありましたが、すぐにケアはできたそうで
「応募するアーティスト側が、
屋外展示することへ覚悟を持ってさえいれば大丈夫なこと」だそう。

「おもしろい!とかきれい!とかそんな感情だけでなく、こういうのキライという感情を持つかもしれません。でも、それでいいんだと思いますよ。作品を見て、何かを感じるというそのことが、大切なことなんだろうと思います」と話します。

お♪
なんとなく、
「アートと人々の出会いの場、アートを介した交流の・・・」のことが伝わってくるような気が・・・。

なぜ、茨木にアートなのか?

では、この茨木で「アートと人々の出会いの場、アートを介した交流の場の創造」をテーマにしたコンペを開催しようと思ったのは、なぜなんでしょう?

この質問に答えて下さったのは、
「HUB-IBARAKI ART」の実行委員長・河上友信さん。

「茨木に、コミュニティ・プライドを作りたいと思ってるんです」と河上さん。

「茨木で育った僕が、色んな人と話をしている時に、
本当によく出てくるのが『太陽の塔』なんです。
アートに関わる人間にとっては、やっぱり大きい存在です。
でも、あれは吹田市にあるんですよね。
今、吹田の人たちにとって太陽の塔は、もうアートというよりも誇りになっている。
でも、やっぱり茨木の人たちには、心のどこかに太陽の塔がある気がするんです」

昔から、それを見て育った・・・・。
自分の育ってきた風景に、それがあった・・・。

「そういうものを、茨木の中に作れたら」ということなのでしょうか。

「第1回目のハブ・イバラキで、
街の中に作品が展示されたんですけど、
自然と街の人たちの日常の中の風景になったらいいなぁと。
特に、子どもたちが大きくなったときに
彼らの『懐かしい風景』になったら嬉しいなぁと思っています」

茨木市役所近くの「高橋」交差点に立ってる
「茨木童子」・・も近いのかなぁ。
あ、今はなくなったけど、総持寺のフジテックのタワーとか?

阪急南茨木駅にある「サンチャイルド」をご存知でしょうか。
あのサンチャイルドの設置にも関わった河上さん。
「サンチャイルドも、いつかそんな存在になってくれると思っています」と河上さん。

サンチャイルド横向き20140124

「アートで何ができるねん」

第1回目のハブ・イバラキで
施設内での長期展示をしたことで
作品が多くの人の目に触れたことは良かったと振り返る河上さんに
第2回目のハブ・イバラキ募集にあたっての想いを尋ねました。

「ただ、面白いとかキレイとか・・・。
それもいいけど、でもそうじゃなくて、
暮らしの中で気持ちが豊かになれるような、
生きて行く中で心が豊かになるきっかけになるような・・・。
そういうものってきっと大切で、その一つが『アート』なんじゃないかなと。
そのことが伝わればいいと思います」
とのこと。

応募するアーティストには
「アートの役割、可能性みたいなものを見せてほしい」という河上さん。
そんな思いが強くなったのは2011年の震災以降だと、話をして下さいました。

「アートを通して、作家は悲しみや喜びや怒りなどを表現する。
それはそうだと思うんです。
でも、作家自身の感情の表現で、じゃあ何ができるんだろうと感じました。
表現するだけでは、何もできてないんじゃないかと。
でも、やっぱりアートは必要とされると感じます。
何かできることがあるはずだし、アートってそういう力も持っていると思うんです」

なんだか芸術全般・・・、演劇や歌などにも共通することのような気がしませんか?
「アート」と言われると、どこか敷居の高さを感じたりするだけのことで。

コンペで選ばれた作品が、茨木の街中に展示され、多くの人の目に触れることになります。
その時に、道行く人がどんな反応をするのか、どんな感想を持つのか、
それはもう作家の手を離れたところで起こること。
けれど「日常の生活の中にアートがあること」は
意識しないままに、風景として刻まれていくんですよね。

人の心の中にゆっくりと根っこを下していくようなもの、
形として見えなくても、人の心の中で育っていくようなもの。
アートは、そんな力を持っているということなのかなぁと感じたお話でした。

「人の心の中に残っていくもの」となるのは、
作品が現れたその瞬間かもしれないし、もっと何年も経ったときかもしれません。

そう考えると、とても気の長い話ですが
10年後、20年後にどうなっているのかなぁと想像すると、ワクワクしてくる話だなぁと感じました。

本当にシロウトのワタシに、丁寧に色々と答えて下さった、
河上さん、緒方さん。
どうもありがとうございました。
来年、どんな作品が街の中に現れるのか、楽しみに待ちたいと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ