お客さんが家族のように集まれるお店・お好焼&鉄板焼【OHANA】オープン

はい、いばジャルです。

前に「工事してます」と紹介していた、阪急総持寺駅そばのお店が、
いよいよ8月28日にオープン!
まだ、一部工事も残っているとのことでしたが、ちょっとお邪魔してきました。
  【総持寺でも工事!】の記事をご覧いただくと道順がわかりやすいですよ(笑)

場所は、総持寺の駅から線路の下をくぐって・・、
「この先行き止まり」の制止を振り切って進むあの道の方。

この先行き止まりの看板2

黄色の外観が目印の【お好み焼・鉄板焼 OHANA】です。

OHANA外観

迎えて下さった、オーナーの奥村華子さんにお話を伺いました。

「OHANA」に籠めた想い

奥村華子さん、というお名前を聞いた瞬間に
「オハナって店名は、ご自身のお名前から?」とすかさず質問。

「みなさん、そう聞くんですよ~」と笑顔になり、
「私、ハワイが好きなんです」と奥村さん。

「OHANA」とは、ハワイの言葉で「家族」を表すのだそうです。

「お客さんも、店のスタッフも、
この空間に集まる人が、家族みたいに過ごせたらいいなぁと思って」と奥村さん。

飲食店での経験が豊富な奥村さんは
「総持寺で、女性が気軽に集まれるお店があったらいいなぁ」と思っていたそうで
たまたまこの場所を紹介されました。

偶然知り合った設計士さんから、茨木の農家さんを紹介されたり、
建物の大家さんから、地元野菜でお漬物を作るお店を紹介されたり。

「本当に、色んな人に助けてもらって店を作ってるって感じです」と言います。

ご自身が、子育て中にたくさんの人に助けてもらってきたことを振り返りながら
「手を貸してくれたことももちろんそうだし、話を聞いてもらったりすることでも、たくさん助けてもらったなぁって感じてるんです。
私も、自分ができることはしたい!と思ってきたし、
そんな中から、ママ友というよりも、子育ての大変な時が過ぎても変わらずお付き合いできる、素敵な仲間と知り合えたなぁと感じてます」と話します。

嬉しいことや楽しいことだけでなく、しんどいことや自分の弱い部分も出せる場があったことを
「本当に助けてもらった」と言う奥村さん。

だから、そんな「場」を作りたいと思って作ったのが
「鉄板焼きOHANA」で、OHANA=家族 という店名には
奥村さんのそんな想いが籠められているんですね。

大好きなハワイのイメージ

駅から近くて、けれど騒々しくない立地はイメージにぴったりでした。
偶然知り合った設計士・桂進之介さんに
「南国の雰囲気で!」とデザインをお願いしました。

店の入り口へと続くアプローチは、オトナちっくな南国の雰囲気で、
入口のところにある看板も、そんなイメージ。

OHANA看板DSC04666

店舗のデザイン設計をした「Pocket design office」代表の桂さんに
お店のイメージを話していたところ
「農家をしている友人がいる」と紹介され、茨木・見山で採れる野菜を仕入れることが決まりました。
それが、茨木ジャーナルでも紹介した「チキチキファーム」の伊東充志さんです。
 【チキチキファーム 伊東充志さんの話3】でも紹介しましたが、
「昼は農家、夜はデザイナー」の伊東さんが、この看板をデザインしたそうです。

他にも、トイレの扉に掛けられたサインボードや
店内トイレのサインDSC04675

壁に飾られる予定の、額に入ったハワイアンキルトなど
ハワイアンキルトDSC04672

お知り合いやお友達から贈られたものも、南国の雰囲気が漂っています。

「色んな人に、気軽にふらっと立ち寄ってもらえると嬉しいです。
しっかり食事して楽しんでもらってもいいし、帰る前にちょっと顔出して・・というのも嬉しい」という奥村さんの話を聞いていると、
地域の人たちの「家」や「リビング」みたいな存在になれたら、いいなぁと感じました。

長く飲食店に勤めていたことや、色んなお店に行くのが好きだったこともあり、
メニューもちょっとこだわりが♪
お好み焼きでも、豆腐・明太マヨを使ったものや、
ジャガイモ・お餅・チーズなどを使ったものなど。
とん平焼きに、豚の角煮を使ったり、
レモンをかけていただく塩焼きそばがあったり、美味しそうでしょ♪

メニューだけでなく、鉄板調理でどうしても気になる「ニオイと煙」対策として
ベンチシートやクローゼットを用意するなど、細やかな気配りも感じるお店です。

色んな人の想いが詰め込まれたOHANA

「これもいいでしょ?」と見せて下さったのは
奥村さんのイラストDSC04670
お知り合いの方が描いてくれたという、奥村さんのイラスト。

トイレのサインボード、額に入ったハワイアンキルト。
知り合いや友人が、奥村さんのお店のために・・と持ってきてくれた小物が並ぶ店内を見ていると、
この「OHANA」に色んな人の想いが集まっているような、そんな気がしてきます。

偶然出会った、店舗をデザインした桂さん。
桂さんから紹介された、農家の伊東さん。
お店の大家さんからは、茨木本町商人会の「つけもの屋 ぬか太郎」さんを紹介してもらい、地元野菜のお漬物を仕入れることも決まっています。

「本当に、色んな人に助けてもらってる」という奥村さん。
OHANAは、オープン前からすでに、色んな人の気持ちが集まっているお店になっているんだなぁと感じました。

「ハワイが好き」と言う奥村さんは、その理由をこんなふうに話して下さいました。

「ハワイに初めて行ったとき、空港でムームーを着た女性たちが、フラダンスで迎えてくれたんですね。その中に、もう80歳ぐらい?というご高齢の方もいたんです。でも、その人の笑顔が本当にステキで、ずっと心に残ってるんです」

その時から「あのおばあちゃんのように、ずっと笑顔で人と接していたい」と思い、
その願いが形になったお店「OHANA」。

オープンは、8月28日(木)です。

【OHANA】
住所 大阪府茨木市中総持寺町7−18
営業時間 17:00~23:00(LO 22:30)
定休日 火曜日

オープンして数日は、奥村さんの双子のお姉さんもお店を手伝ってくれるんですって♪
さぁて、どっちが華子さんか当ててみてくださいね(笑)。

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

OHANAの店内で、奥村さんが気に入ってるという一つがこのブルーの壁。

1壁の前でDSC04683

「この前でフラダンスをするのもいいかなぁって思ってるんです」と奥村さん。
せっかくなので、この日店内にいらっしゃった、
設計士の桂さん、チキチキファームの伊東さんと一緒に記念撮影を。

2壁の前でDSC04684

「ちょっと、離れてるんちゃう?」
「えー、そうですか?いや、そんな・・・」とワイワイ言いながら、

3壁の前でDSC04686

「どうする?なんか、ポーズする?」
「え~、どうしますぅ?」とワイワイ相談して・・・

4壁の前でDSC04687

「アロハ~♪」

あれ?全員揃ってない。
「え、するんですか・・・」と、

5壁の前でDSC04689

三人で満面の笑み♪
(左から伊東さん、奥村さん、桂さん)

奥村さん、お忙しい中ありがとうございました。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ