タイ料理レモングラスハウスopen!ランチ、めちゃいいぞっ!

はい、茨木ジャーナルです。

【JR茨木駅の西側、線路沿いでお店の工事中】の記事にアップしていた、タイ料理レモングラスハウスが8月16日にオープンしていました。

0816レモングラスオープン日

16日、オープン当日の夕方ごろ。すでに店内にはお客さんがいらっしゃったし、お店の様子を見る人もたくさんいました。

レモングラスハウス営業時間

ランチタイムも営業しているそうなので、行ってきました。JR茨木駅周辺、ランチを食べられるお店がけっこうあるなぁなんて改めて思います。レモングラスハウスは、JR茨木駅の改札からたぶん1、2分で来れちゃうんじゃないでしょうか。雨の日でもババッと走れば傘ナシOKかもしれません♪

ランチメニューは、

レモングラスのランチメニュー

カレー4種類、パッタイ、トムヤムクン、パッガパオ。うーん、悩みます。パッタイも食べたいけど、最初はカレーにしとこっかなぁ・・・。
「うちは全体的にそんなに辛くはないんですよ~」とシェフの奥さまに教えていただき、グリーンカレーで攻めの姿勢を見せようとしつつ、マイルドにマサマンカレーに落ち着きました。

はい、どーん!

レモングラスランチのカレー

レモングラスのランチメニュー・マサマンカレー(790円)です。(えぇ、相変わらずですよ、この写真の下手くそさ)

真ん中奥の小皿はパックドンという野菜の甘酢漬けで、酸っぱ過ぎなくてとってもおいしかったです!

お米はもちろん細長いタイ米。久々に「わぁ、タイ米おいしいわ」と思いました。メニューに「ハーブがいっぱい入ってます」と書いてあったように、マサマンカレーは爽やかな辛さ。クセがなくって、たぶん辛いのが苦手という人でもバクバク食べられるんじゃないかな。砕いたナッツも入っていてオモシロい食感です。

レモングラスジュース

オープン記念だからでしょうか。レモングラスジュースもいただきました。ほのかに甘くてさっぱり。さらに

レモングラスの食べるラー油

「日本で言う、食べるラー油みたいなのです」と出してくれたのが、上の写真。「タイ料理版食べるラー油」はごはんの上にちょちょいと乗せていただくんですけど、うーっ、これは止まらなくなる味だっ。
タイも広いので、味付けなどもその地方によって少しずつ違うそう。この食べるラー油も、シェフの出身地の味なんだそうです。タイ料理にそんなに詳しくない私には、こういうお話がとっても楽しかったです。

レモングラスハウスは、中崎町から移転してきたのですが、前のお店で一番人気だったのはやっぱり、グリーンカレー。グリーンカレーをタイの言葉にすると、実は「甘い」という意味も含まれているそうで、試してみたいなぁと思っています。

タイ料理レモングラスハウスの店内

レモングラスハウス外観

レモングラスハウスは、カウンター席がメインの小さなお店。線路側の窓際に、テーブル席がありました。

レモングラス店内テーブルの方向

カウンターのイスは低めで、私はどっしりと落ち着けて「いいな~」なんてくつろぎました。荷物はカウンター下に置くスペースもあるし、たぶん椅子の座面も開閉式になってたような・・。
カウンターテーブルの上には、

レモングラスのカウンターテーブル

わかるでしょうか?
ナプキンのケースにポソンと入っていたのは、

レモングラスに扇子

なんと、扇子。
「あっぢー!」とうだるような暑さの中、レモングラスにたどり着いたあなたをわさわさと扇ぐため、テーブルの上に配置されておりますよ~。

【タイ料理レモングラスハウス】

所在地: 茨木市西駅前町3-21 ステーション・プラザ 1F
電話
営業時間 11:30~15:00/17:00~23:00
不定休(2016.8.18現在)
駐車場なし。駐輪スペースが店前にあります(有料)

「オープンしたてで、まだ定休日決めてないんですよ~。様子見ながら決めようかな~」というわけで、今のところはまだ未定。夜の営業は23:00までですが「だいたいこんな感じかな~って。誰も来なかったら閉めちゃったりして~」と、ゆるやかでいいでしょ~。
大阪の中崎町みたいなおっしゃれ~~~な場所から、なぜ茨木に?と思ったら、シェフの奥さまが元々茨木だったからなんですって。
「やっと(茨木を)出れたー!と思ったら、また帰ってきちゃった」とお話してくださいました。ランチ、おいしいし楽しいですよ。ぜひっ!
レモングラス前の駐輪スペース
レモングラス前の駐輪スペースは、最初の1時間が無料。原付や自動二輪の駐車スペースもあります。

コメントを残す

画像を添付することが出来ます。(JPEGのみ)

サブコンテンツ