子ども用お菓子デパート・駄菓子屋みのちゃん、大人だって使ってます。

はい、茨木ジャーナルです。

体温の中を漂ってるんだわと、わかるようなわからないことを思いながら自転車を走らせていると、喉の渇きもよくわからなくなってきますよね。
ふと思い立って、

みのちゃん春日商店街

春日商店街の駄菓子屋さん「みのちゃん」へ。

みのちゃんは、12時ごろから14時ごろまではお昼休憩。なかなかタイミングが合わないんですけど、この日はちょっとだけお店の前で待機。お目当ては、

みのちゃんのかき氷

かき氷♪
カフェのかき氷では、ちょっと量が多いかなぁというときには、これぐらいがいいかもしれませんね。海でかき氷を食べるときって、こんなのだったよなぁなんて思いながら、サクサクといただきました。駄菓子屋さんというと子どもちゃん向けのイメージですが、みのちゃんは、大人だって使いたくなるお店です。

みのちゃん店内2

お店の中は、たくさんのお菓子が並んでいて、子どもたちが、小銭を握りしめてここへ来ます。遠足の前などは、みんなここで買うんだよね~。

みのちゃん店内

利用するのは、子どもだけじゃない!
みのちゃんでは、地域の野球やサッカーチームも差し入れやイベント用にと、お菓子をワーッと買っていくのだそうです。
また、たくさんの量はいらないんだけど・・・という近所の方たちも、みのちゃんでお買い物していきます。

みのちゃん店内に子どもからの手紙

みのちゃんの店内には、子どもたちからの手紙も飾ってありました。
小学校の授業「まちたんけん」で来た子どもたちからのお礼状で、毎年届いたものを飾っているそうです。近所の子どもたちも、すっかりお店の方のことは覚えてくれてて、街中で会うと「あ、みのちゃん!」と声をかけてくれるそうです。

みのちゃんは、今年で7年目とおっしゃっていました。そうか・・・、昔は「たまごやさん」だったよねー。

お店によく来ておしゃべりを楽しんでるというお客さんたちと、しばらく昔のお話などをして、涼ませてもらいました。かき氷をシャリシャリ食べながら。。。

ふと、みのちゃんが見せてくれたのが、

みのちゃん茨木広報を額に入れてる

おぉ!茨木市広報の春日商店街を載せたやつ!!
お友達がキレイにスクラップして額に入れてくださったのだそうです。これ、すーーーーっごく考えて作られていて、掲載されているお店の写真の横に、ちゃーんと営業時間などの記載部分も貼ってあるんです。こんなふうにしてあると、見やすいし記念になりますね。

ちょっと寄れる小さなお店って、やっぱりいいなぁって思います。

【駄菓子屋みのちゃん】

所在地: 茨木市春日1-9-32
営業時間 11:00~18:00
土日祝は10:00~18:00
(12:00~14:00はお昼休み)
月曜休み(祝日の場合は営業)
駐車場ありません。

コメントを残す

画像を添付することが出来ます。(JPEGのみ)

サブコンテンツ