100均のFLET’S(フレッツ)の駄菓子屋で価格を調べてみた

はい、茨木ジャーナルです。

市民レポーターさんが100均のフレッツに駄菓子屋さんができてると、記事を届けてくださっています。「情報はココ」へも、読者さんからコメントをいただいていました。

最近は駄菓子コーナーをよく見かけるようになったので、100均ショップに駄菓子屋さんがあっても不思議じゃない。

でも、駄菓子屋さんの中で「100円のお菓子」っていうと、かなりハイグレードなお菓子ですよね。小学生のころ、遠足用のお菓子って100円までとか200円までと制限がありましたが、100円のお菓子をポンと買ったらもう楽しみなくなっちゃう…!

小銭を手に、足し算しながらお菓子を選ぶ。「わー、これ買ったらオーバーするやーん、ムリー!」と悶えながら選んでいくのが楽しいんだけど、100均の駄菓子屋さんで買い物って…、どうなるのか気になります。

フレッツの駄菓子コーナー行ってみた

FLETS外観DSC07780

100均ショップへ行くと、いろいろと見て回りたくなりますが、今回は駄菓子のコーナーへまっしぐら。

フレッツすべり台用のおもちゃIMG_8388

市民レポーターさんが書いてくださっていたように、おもちゃは駄菓子のコーナーにあります。すべり台で使うお尻に敷くシートみたいなのも100円。一瞬、買おうかなと思ってしまう。
☆「なんのこっちゃ?」という方は、
■2015年5月【茨木市・彩都西公園のなが~いすべり台へLet’s Go!さて、どんなかんじ?】の記事と、
■2016年6月【忍頂寺スポーツ公園のオススメを超厳選!大本命ひとつだけトライ♪】の記事をどうぞ。

100均で駄菓子の買い物をしてみます。

フレッツ駄菓子屋POPIMG_8379

「100円のチカラ」なんてPOPが貼ってあるんですけど、10円や20円などでの駄菓子を、100円均一ショップ「FLET’S」で買ってみます。

FLETS10個で100円を5個DSC07785

うまい棒でも買うか、と選んでみます。普通に買うと1本10円のうまい棒ですが、よく見ると、

フレッツうまい棒IMG_8389

100円。
だけど、ただの100円じゃなーい。「10コ¥100」です。
んむむ?

そうなんです。

フレッツお菓子の値段表示シールIMG_8386

4コ100円とか、

フレッツお菓子の値段表示シールIMG_8385

3コ100円とか、FLET’Sの駄菓子コーナーは、セットで100円ですよ~というスタイルです。なるほど~。これなら、100均ショップだから100円になってるわけだし、駄菓子1コの価格も通常の価格と同じってわけです。

ん?じゃあ、これはどうなるの?と、新たな疑問がわいてきました。

セットで100円なら、こんな買い方OK?

FLETS10個で100円を5個DSC07785

うまい棒を選びながら「いやぁ、うまい棒はおいしいけど、甘いのも欲しいよねぇ」と思ってきたんです。チョコってないかなぁ。

FLETSでお札のチョコDSC07788

こども銀行のチョコがありました。これは、2コで100円です。千円、五千円、弐千円の包装のチョコから2コ選びます。どれにしようかなぁと選んでいて、ふと思いつきました!

FLETS取り混ぜて100円分DSC07787

これ、どう?
10コ100円のうまい棒を5本と、2コ100円のチョコレート1コ。これで、100円になるんじゃないかな?やっほーい、賢い買い方ちゃうか?

すると、

FLETS2個で100円1DSC07782

「スミマセン、ダメなんですぅ。同じ色ごとで組み合わせて100円ってことで」とのこと。
2コ100円のお菓子が欲しいなら、2コ100円のお菓子を二つ組み合わせて買うのが正しい買い方。

フレッツ駄菓子屋価格表IMG_8378

つまり、うまい棒と子ども銀行チョコが欲しいなら、うまい棒やその他の10コで100円お菓子をまず買います。そのうえで、子ども銀行チョコを2コ、もしくは2コ100円のお菓子と組み合わせて買うわけです。

なるほどね~。
100円で好きに選んでいいよ~、ちゃんと計算するんだよ~というこれまでのワザだけでなく「限られた中から欲しいものをしっかり見つけなきゃいけない」という新な技術を求められる駄菓子コーナーです(笑)。おもしろーい!

色分けされているから、まだ足し算ができない小さい子どもちゃんでも「この色のお菓子なら何個選ぶ」とゲーム感覚でお買い物できて楽しそうですよ~。

情報を投稿くださった皆さま、ありがとうございました!

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

コメントを残す

CAPTCHA


画像を添付することが出来ます。(JPEGのみ)

サブコンテンツ