【茨木の風景・今と昔】-中央通りあたり-

はい、いばジャルです。

日々、うろうろと茨木を回っていると、たった数年の間にも新しい建物ができていたり、お店が入れ替わったりしています。
数ヶ月の間にも、工事で風景が変化していたり。。。

ちょっと懐かしいような写真をお借りしたので、紹介しますね。

前に、「お弁当屋さん営業してるー!」と紹介した、中央通り。
「周山堂」さんの車庫で、お弁当屋さんが営業していたんですけど、そこの風景がこちら。

茨木市・中央通りの周山堂あたり

阪急茨木市駅方面へ向かって撮影してみました。
以前は、茨木フェスティバルの時にパレードをしていた道路なんですよね~。

心斉橋商店街で、むかーしからお店をなさっている「山口紅葉堂」さんのところで見せていただいた写真と比べてみましょ♪

茨木フェスティバルの様子

うっは~♪
こんな感じだったんだぁ。。。。
あ、これは昭和何年の写真なんだろ。

周山堂さんはその当時の看板がそのまま残っているですね。
道路を挟んで向かいにある「浜屋」さんを昔の写真の方で見ると、

アップ1DSC04919

光が反射してしまって見えづらいんですけど、同じ場所で営業なさっていたのが写っています。その手前の建物のあたりは、今はマンションになっていますね。

看板はわかりにくいんですけど、今の「近畿大阪銀行」の建物も、昔とそのまま変わっていないようです。その建物の前にある、

消火栓DSC06023
グリーンのボックスですが、昔は

消火栓DSC04919

「消火栓」の標識が立っていました。
(これは、ほんの数年前に変わったような気がしますが)

昔の茨木の風景と今の風景。
比べてみると、なんだかオモシロいです。

ちょっとずつ紹介していきますね。
皆さまのところにも、もし「ちょっと昔の茨木の風景」が写真に残っていたら、茨木ジャーナルへご提供いただけると嬉しいです。

【心斉橋商店街でタイムスリップ!『山口紅葉堂』で】の記事もご覧下さいね。

コメントを残す

CAPTCHA


画像を添付することが出来ます。(JPEGのみ)

サブコンテンツ