堀廣旭堂さんの店内のコレ、見るのも楽しいッ!

はい、茨木ジャーナルです。

2015年10月27日~11月9日は「読書週間」なのですね。
【茨高前、堀廣旭堂の裏で工事が始まってる】の記事で書いた、堀廣旭堂さん。

堀廣旭堂のある交差点

裏側の工事の様子を見るついでに、立ち寄ってみました。
「茨木」で区切るとなかなかないんですが、北摂とか北大阪とか、そんな括りでの街紹介雑誌などは、個人的には堀廣旭堂さんが探しやすい気がしています。

さて、その堀廣旭堂さんの正面入り口すぐのところにあるPOP。
このチカラの入り具合がスゴイです。

堀廣旭堂の天井からのPOP

天井から吊るされた宮下 恵茉さんの紹介POP。
梅花女子大の児童文学科を卒業された児童文学の作家さんなのだそうで、この手作りPOPの下には、宮下さんの本がずらっと並んでいました。

この正面入り口の一番いいポジションの棚には、とっても手のこんだPOPが並んでいまして、もちろん、

堀廣旭堂のPOP川端康成

茨木市名誉市民・川端康成さんの紹介もされています。

堀廣旭堂の道を挟んで向かいにある茨木高校に通っていたこともあって、堀廣旭堂でたくさんの本を買って読んでいた、とPOPにも書いてあります。

ところで、この堀廣旭堂のPOPは、バイトの方たちが描いているそうで、この川端康成のPOPは
「プロを目指していたバイトの人が描いてくれたものです」とスタッフの方が教えてくださいました。

文字だけのPOPも、書く人の体温みたいなものが伝わってきて、「お♪」とつい見てしまいますが、こんなふうに「時間をかけたんだろうなぁ」というPOPも見ていて楽しいですね~。

あ!
そして忘れちゃいけない「茨木」にまつわる人物についてのPOPがありました。

堀廣旭堂のPOP嘉門達夫

茨木が生んだ丘の上の綺羅星・嘉門達夫さんの本。
去年だったか・・・、市民会館でライブもしていましたね。

【嘉門達夫さん、おかえりなさい!-茨木が生んだミュージシャン-】の記事

読書週間を前に、JR茨木駅そばのブックランドとおのさんは閉店してしまっていて、やっぱりちょっと寂しいですね。
やっぱり本屋さんって、ふらっと立ち寄れる居場所のような気がします。目的の本を探す以外にも、気になる本に出会えるきっかけがあるのも「本屋」さんの良さなんでしょうね~。

POPの写真は堀廣旭堂さんに許可をいただいて撮影しました。
堀廣旭堂さん、ありがとうございました!


大阪府茨木市大手町4−19

【茨高前、堀廣旭堂の裏で工事が始まってる】の記事もどうぞ。
ちなみに、その続きはちょっとだけ
【2015年10月 茨木ジャーナルの人気記事と・・・】の記事に書いています。

コメントを残す

画像を添付することが出来ます。(JPEGのみ)

サブコンテンツ