茨木市立文化財資料館で、茨木の昔話と「歴女」のおしゃべりに触れる♪ -茨木城主・中川清秀と中川氏

はいっ、いばジャルです。
今日の茨木は、一日雨のようですね。

さて、「ちょっと昔のいばらき展」開催してます~と
ご案内した、茨木市立文化財資料館。

こちらでは、ちょうど同じ期間に
【第15回 文化財資料館企画展】
茨木城主 中川清秀と中川氏

という展示がされています。
中川氏展示チラシ

茨木小学校跡が茨木城だったそうで、
「田中のまるまた」の記事や
「カフェなかちよさんのお気に入りスポット」紹介記事で、
ちらっとそんなことを書きました。

その噂の(← 勝手にいばジャルの中で盛り上がってるだけです♪)茨木城の主の展示。
・・というわけで、もちろん行ってみました。

『むか~しむかし、清秀くんという人が
摂津というところにいたんですけど、そこには当時、
茨木くんと伊丹くんと池田くんなどの有力な国人がいて、
清秀くんは池田くんと、わりとまぁ仲良しでした。
摂津では、三好くんが存在感アリアリだったのですが、
ちょっとごたごたしちゃいまして、
茨木・伊丹くんチームと池田くんチームで
試合が始まりました。
・・・と思っていたら、織田くんが摂津に来て・・・・』

というような昔の流れを知ることができる企画です。
(これぐらい噛み砕くと、
 多少難しい歴史も、なんとなくわかりますね ^^;)

館内は別にBGMも流れていない中、
受付のとても優しそうな女性の方たちの、
静かな話し声がかすかに聞こえてきます。

「清秀さんは~~~~でしょ。
あれは、××さんに、誘われたんでしょ?」 とか

「清秀さんが亡くなって、息子さんに~~~」 とか

まるで近所の人のことを
「奥さん、知ってるぅ?織田さんとこの信長くんのこと」
「あぁ、聞いた聞いた!」
みたいにおしゃべりしているような感じで、
なんとも微笑ましいですよ♪
「歴女(レキジョ)の会話って、こんな感じなんだぁ♪」と
小さく感動しちゃったりして。

きっと、わからないことを聞いたら
とっても親切にわかりやすーく教えてくれるんだと思います。
まるで近所で起こったことのように話しているんですもん♪
こういう歴史の先生だといいですよね~。

茨木市文化財資料館全景
【茨木市立文化財資料館】
興味のある方は、ぜひ。

コメントを残す

画像を添付することが出来ます。(JPEGのみ)

サブコンテンツ