茨木童子が自分の顔を見てショックを受けた「貎見橋(姿見橋)」跡」-茨木の風景-

どぉも、いばジャルです。

先日も「なんか、持ってるぅ!」とお伝えした茨木童子くん。

茨木市内には、色んな場所「茨木童子」を見ることができるのですが、
茨木消防署のそばにの広場にも、もちろん彼が立っています。

茨木消防所そばの茨木童子

この童子くんのそばには、立て看板があります。
茨木童子の話の看板
色々と言い伝えはありますが、大まかにまとめると次のような話です。

茨木童子は、水尾村で生まれたのですが、
生まれた時すでに、髪も歯も生え、すぐにゴソゴソしだしたので
母親が「鬼の子が生まれたー!」とショックを受け、
近くへ捨ててしまいました。

たまたま近くの床屋に拾われて育ててもらうのですが、
床屋の修行をしているとき、謝って客の頬を剃刀で傷つけてしまいました。
その血をなめ、その味を知ってしまったことから、
それ以降も、客の頬を傷つけるようになってしまい
店の評判は落ち、客足は遠のくようになりました。

ある時、通行人がおびえた顔で童子を見るので、
近くの川に自分の顔を写して見たところ、
なんと、鬼の顔になっていたました。
慌てて山の中へ逃げ込み、大江山酒天童子の手下になり、悪さをしてまわりました。

そんな時、神様から、父親が病気であると知らされて
看病のために村へ帰ってくるのです。
「捨てた親のことを怨まずに、よく看病してくれた」と
父親は感謝しながら亡くなり
童子はあとのことを村人に頼んで、また大江山へ帰っていきました。

その、「童子が川で自分の姿を見たところ」が
「貎見橋(姿見橋)跡」として、残っています。

それが、ここ。
茨木高校東門前にある兵桝
ずーっと前にも記事にした、茨木高校前の兵桝です。

祠といっしょに「ここが姿見橋跡です」と看板があります。
kk兵桝ほこら2

kk姿見橋

くまもんやふなっしーのような無邪気な可愛らしさは
お世辞にも「あるや~ん」とは言い難いのですが、
「あんまり可愛くない微妙な愛らしさ」が、あるような気がするのですが、
茨木市民のみなさんは、いかがでしょう?

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

コメントを残す

CAPTCHA


画像を添付することが出来ます。(JPEGのみ)

サブコンテンツ