ガンバ勝ったDay?なぜか、人だかり -茨木の風景

はい、茨木ジャーナルです。

阪急茨木市駅の西側、アーケードのある大きな商店街が阪急本通商店街です。ここは、茨木神社の搦手門まで続いている商店街で、ガンバ大阪がゲームに買った次の日には「ガンバ勝ったDay」なんて企画が催されて、賑わいがありますよね。

ある日のこと。
ちょうど、水島書房さんや伏見屋さんあたり・・・、以前魚神があったところを南側(バスが通る中央通り)へ折れたところの道を、バス通り側から見てみると

阪急本通商店街手前で

自転車や車はちゃんと停めてくださいね、と見てまわってくれている警備員さんがいました。

ま、まぁ、それはいつもの風景と変わらないのですが、この日はちょっと違ってました。

阪急本通商店街カフェレカ前で人だかり

明らかに人だかり。

ガンバの試合の次の日だったんですけど、いやいや、ガンバは勝ってないぞ??という日。
「ガンバ勝ったDay」ではないと思うんですが、明らかに人だかり。

カフェレカ前で撮影

というか、モノがたくさん置いてあるし、ワイシャツを着た男性たちが、人だかりの方を見て立っています。見守っている人たちはみなさん、笑顔なので、ブルーな出来事ではないようです。

明らかに、いつもと違う人だかり。
その中には、お会いしたことのある人のお顔も見えた気がしましたが、いやいや、これはそこへ行っちゃいけないようなニオイがプンプンします。

偶然通りかかったという女性と(初対面の方ですけど)一緒に「なんでしょね~」と、しばらく様子を見ていました。私、意外と小心者なので「ねぇねぇ、どしたん、どしたん?」と聞きにいけません。

でもさぁ、

カフェレカ前撮影

これ、撮影ちゃう~ん。

・・ってなことを、その女性と一緒にしゃべりながら、眺めていました。結局「だいたい撮影って、時間がかかるもんですよね~」と、最後まで見届けることなく、撤収しました。

ちなみに、人だかりの反対側(アーケード側)から見ると、

阪急本通商店街側からカフェレカのほう

やっぱり明らかな人だかり。
通行する人を「はい、どうぞ通ってくださーい」と整理している警備員さんもいらっしゃいました。

で、撤収しようとバス通りのほうへ歩いていったとき。ふっふっふ、遭遇。やっぱりなにかの撮影だったのかも~。

コメントを残す

画像を添付することが出来ます。(JPEGのみ)

サブコンテンツ