茨木に岡村たかし整骨院って。もう、それしか思い浮かばん!行ってみた!!

はい、茨木ジャーナルです。

JR茨木駅西口ロータリーから、マルヤスの前の道を北へ歩いていくと・・・、プチプランスがあります。・・・が、そのちょっと手前。

今年の7月24日に閉店した「とんかつ井出」さんがあった場所。ここに新しく整骨院ができていました。できてますよ、と情報もいただきました。ありがとうございます。
タイトルのとおりです。ここは、

岡村たかし整骨院夜外観

「岡村たかし整骨院」といいます。

ね?
「ここにできていますよ」でおしまいにするなんて、無理でしょ。もったいないでしょ(笑)。
わかる人だけわかったらいいんですけど、やっぱり「茨木西高サッカー部出身ですか?」とか聞きたくなりますよね。

でも、どう聞くかなぁ?
どんな人がやってる整骨院かも知らないのに、いきなり行くって、しかも名前について聞くって・・・ねぇ?どうなんでしょ。
「そんなくだらん質問には答えられん!」と追い帰されるかもしれません。

こわいこわい・・・・。

よし、聞きに行こ。

岡村たかし整骨院の先生は誰?!

岡村たかし整骨院診療時間

というわけで、恐る恐る岡村たかし整骨院を訪ねました。ちょうど往診・予約優先の時間帯です。外から見ると、院内の電気がついていないようです。

何をどう聞こうかなぁ、とノープランのまま「すみませーん」と声をかけると、意外にあっさり「はーい」という声が聞こえて、急にドキドキしてきます。

すると出てきてくださったのは、爽やかな男性。
まずは、この方に聞いてみることにしましょう。

「あのぉ、岡村たかしって書いてあるんですけどぉ?」と聞きたいことを、なんのひねりもなく質問します。すると、

岡村たかし整骨院外観昼

「あぁ、はい、僕です。僕の名前ですね」

ありゃ、そうなのですね!解決っ。シャレでも狙いでもウケでもありません。
ここは、岡村たかしさんが経営する、岡村たかし先生による、岡村たかし整骨院です。

「どうぞ、中も見てもらっていいですよ」と、爽やかに院内も見せてくださいました。

岡村たかし整骨院へ、ちょっとお邪魔します

10月1日にオープンした岡村たかし整骨院の中へ、入れていただきました。

岡村たかし整骨院待合スペース

ここが、待合スペース。扉を入ってすぐのところにあって、窓際なので明るい雰囲気です。このそばにある衝立の先が施術するスペースで、ベッドなどが並んでいます。

ベッドのそばにあったのが、キッズスペース。

岡村たかし整骨院のキッズスペース

0歳の赤ちゃんから過ごすことができるような、キッズスペースが用意してあるのも、岡村たかし整骨院の特長です。
「僕も小さい子とか好きなので、赤ちゃんでも子どもさんでも連れてきてもらっていいですよ、と思って」と岡村たかしさん。

小さい子どもがいるから整骨院へは行きにくいわ、という方へ岡村たかしさんのココロ配りです。

岡村たかし整骨院前看板

産後間もない時期も、からだの不調があれば整骨院だって行きたい!でも赤ちゃんが・・とためらってしまうママさんもいるかもしれません。岡村たかし整骨院は、予約優先の時間帯も設定してあるので、問い合わせてみてはいかがでしょう。

なぜ「岡村たかし整骨院」に?

「院長先生が岡村たかしさんだったから、岡村たかし整骨院でした。以上、現場からお伝えしました~!」で終わってもいいのですが、やっぱりまだ「あぁ、そうですか」とはいかなくて、もうちょっと聞いてみました。

ご自身の名前をつけて整骨院にするところって、そんなに珍しいことでもないですよね。病院・事務所などでも、ご自身の名前を付けてるところは多くあります。

「ここで、誰がやってるのか、どんな人がやってる整骨院なんかをわかってもらおうと思ったんで」と岡村さん。

岡村たかし先生

吹田のほうでのお仕事を経て、やっぱり育った茨木でと考え開院しました。オープンの知らせは、知人にもまだ広くはしていないのだとか。「でも『岡村たかし整骨院』っていうのを見て、知り合いからメールが来たりするんです」と話します。まぁ確かに、ここに誰がいるというのは、とても分かりやすいですよね。名乗ってるし、何といっても「岡村たかし」だもんなー。

知り合いの方なら「おぉ、アイツ、ここで開院してんな~」とわかるのですが、私みたいに知らない人間は「え?岡村たかし整骨院?!どういうこと?岡村隆史さんがやってはるん?!誰や誰や、どんな人や?」とか思ってしまいます。

「ぜーんぜん大丈夫っす。おもしろがってもらっていいですよ」と岡村さん。ウェルカム感たっぷりです。

んー、これからは「あのスーパーマルヤスの前の道」とか「プチプランスさんに行く道」とかじゃなくって「岡村たかしの前の道」と目印にする人が出てくるかもしれません。

急な突撃でも、本当に親切に応えてくださって、岡村たかし先生、ありがとうございました!

あまりにも爽やかに、明るく、素直に、優しくすんなり答えてくださって、しかもウェルカムな雰囲気の岡村さんだったので、甘えて最後にひとつ質問しました。

教えて、岡村たかしさん!

「はいはい、ギャグの作り方でも教えましょうか~?」なんてね。
岡村たかし先生

茨木で育ったという岡村さん。子どものころのことにも話が広がったので、茨木フェスティバルのことを聞いてみました。実は、「情報はココ」へ茨フェスに関して質問が来ていたので、岡村さんはご存知かなぁと思い尋ねてみます。

「あのぉ、茨フェスってあるじゃないですか。あれに『移動動物園』があったの、覚えてらっしゃいます?」

届いている投稿というのが「…(略)昔フェスティバルで移動どうぶつ園があったのを思い出しました。最近では数年前に行きました。移動どうぶつ園は年に何回行われるんでしょうか…?」という内容。茨木フェスティバルの方に聞いたらいいのかなと思いつつ、一般の方に聞いてみたいなと思って尋ねました。

「あーっ、はいはい。あったなぁ、ありましたね、覚えてますよー。グランドみたいなところで、でしょ?でも、もうやってないですよね。今はステージがあったりとか、若者向け?そんなイベントになってきてますよね」

そうなんですよねー。茨木市内ではほかのイベント(企業のイベント)で何年か前に移動動物園が来ていたのを見ましたが、茨フェスではやってなさそうなのですよねー、残念。

「もう、だいぶん前からなくなってるんちゃうんかなぁ」と岡村さん。そっかぁ。お忙しい中、いろいろ聞かせてくださって、ありがとうございました!

ね?岡村たかしさん、いい方です。
例えば、中学・高校などでクラブ活動をしている生徒さんたちにとっても、アニキ的な感じで話を聞いてもらったり、聞かせてくれたりするんじゃないかなーなんて思いました。

あ・・・、西高サッカー部だったんですか?って聞くの忘れた!

読者さんの中で、移動動物園についてご存知の方がいらっしゃったら、ぜひコメントもくださいね。(懐かしい写真も大歓迎です)

【岡村たかし整骨院】

所在地: 茨木市春日1丁目4-12
電話: 072-655-6495
休診日 日・祝日

コメントを残す

画像を添付することが出来ます。(JPEGのみ)

サブコンテンツ