138年間、地元の人たちの生活を支えるトンネル 【田中のまるまた】 -茨木の風景-

寒いですねぇ・・・。ども、いばジャルです。

茨木は昔、城下町だったとのことですが、
茨木小学校のあたりが城跡なのだそうですね。

それを示すものは、残念ながら残っていませんが、
例えば、茨木小学校の正門には、
復元ですが、茨木城の「櫓門(やぐらもん)」があったり、
茨木神社の東門は茨木城の「搦手門(からめてもん)」を移設したのでは、と
言われていたり・・・、
なんとな~く、街の中で時折、歴史を感じさせてくれることがありますよねぇ。

何気なく利用していたり、近くを通るその場所が意外と
「へぇ、そうなんだぁ!」というものだったり、場所だったりすることが
たくさんありそうです。

「田中のまるまた」というトンネルもそのひとつですね、きっと。
茨木市田中にあるまるまたのトンネル

茨木市観光協会のマップを見ると、
1876年(明治9年)に東海道本線が開通してから、ずーっと
今も現役で、生活の道路として地元の人たちに利用されている、
レンガで造られた、立派なトンネルです。

茨木市田中のまるまたのトンネルを反対から
反対側から見ると、こんな感じ。↑
トンネルの向こうに見えるのは、お豆腐の「伏見屋」さん。

市役所から、川端通りをずずーっと171号線方向へ進み、
「田中町」の交差点を西へ。
で、伏見屋さんのところを、すぐ左折したところにあります。

茨木市田中町のまるまたのトンネル

このトンネルの土台になる部分には、高槻城の石垣が使われているとか。。。

えー、そこは茨木城の間違いじゃないの?と言いたいところですが、
茨木城は江戸時代に、一国一城によりなくなってしまったそうなので、
その説はないのだそう。残念。

茨木市田中町のまるまたのトンネル

トンネルの中のレンガは、まっすぐに横一列ではなくて、
上の方は斜めに整列。
強度とか・・・、トンネルという形状のためとか・・・、
そういうことが理由なのでしょうかねぇ。。。
ご存知ですか?

この辺りは、生活道路で道幅も狭いので
「行ってみよー」と思った方は、徒歩か自転車がオススメです。。。

コメント

2 件の “138年間、地元の人たちの生活を支えるトンネル 【田中のまるまた】 -茨木の風景-” へのコメント

  1. […] 【138年間、地元の人たちの生活を支えるトンネル 【田中のまるまた】 -茨木の風景-】の記事参照 […]

  2. ゆーみん より:

    NHK「わたしをみつけて」でこのトンネルが撮影されたようですね。自転車で駆け抜けたのは瀧本美織ちゃんかな??
    そうそう、トンネルネタですが下記以外にもう一つあるのはご存知ですか??
    ◎2014年2月5日◎
    川端通りからちょっと西へ行ったところにある、三つ並んだトンネル
    ・春日4丁目からクリエイトセンター方面へ抜けるとこ。
    ◎2014年2月21日(金)◎
    背の低い人にはちょっと楽しくて、背の高い人は注意が必要なトンネル -トンネル内での行き違い通行にも注意
    ・春日商店からクリエイトセンター方面に抜けるとこ。

    「にっぽん縦断こころ旅」で火野さんとチャリオ君が西河原公園に走ったトンネルです。
    三つ並んだトンネルかな??と思ったのですが、横にコンクリートの歩道があったで間違いないです。
    南から来て抜けた後、どっちに行ったらいいのか迷ってました。
    ひらのや方面に行き、万博へ行ってましたので・・・

    三つ並んだトンネルのとこに児童公園がありその西側です。
    南から行けば、養精中横のファミマを北に上がったとこです。
    北側は、春日郵便局、大きな大福餅で有名「ひらのや」の東行きの一方通行の突き当りにあります。

    昨日、どちらのトンネルもまさに自転車で通ったとこなので
    ソフスプさんの書き込みをみて思い出しました。

コメントを残す

CAPTCHA


画像を添付することが出来ます。(JPEGのみ)

サブコンテンツ