ペルセウス座流星群、茨木でも肉眼で流れ星が見えるのか☆

はい、茨木ジャーナルです。

ペルセウス座流星群、今年もお盆ごろに見えるらしいというので、ちょっと調べてみたら8月12日、13日ごろ観測しやすいそうですね。

調べたのが8月11日だったのですが、その日は月の沈む時間が早く観測しやすいというので、夜にちょいと出かけてみました。

深夜0時ごろだったので、夜中なら明かりもなくって見やすいかなぁと思ったのですが、やっぱり市街地は明るいなぁ。

エキスポ観覧車から茨木の街
(写真は2016年7月エキスポ観覧車から)

で、やっぱりもうちょっと灯りのないほうへ車で移動。

ぶぉ~、ぶぉ~~~とウシガエルががんがん活躍している山のほう、気温はなんと20度ぐらいの避暑地にバッチリなスポットでした。(夜の気温ですけど)
そこで、しばらーく上を見上げていたら、

見えました!流れ星

す・・・・・っと、流れて山へ落ちました。
たぶん、30~45分ほどそこにいたのですが、10分に1回ぐらいの割合で見ることができました。さすがに首が痛くなってきたので、あんまり長いこといられなかったんですけど、どこかで寝転んで見られたら、もっとたくさん見られそうですね。
(私は、シートも持って行ったんですけど、寝転ぶ場所じゃなかったので・・・)

場所はですねぇ・・・。
二ヶ所回ってみたうちの一つは、あたりは暗かったんですが、山がすぐそばまで迫っていて木がわぁっと茂り、逆に空が見えへんなぁ、と。もう一つは、山も近いけど田んぼも広がっていたので、空を広く見ることができ、いい観測ポイントでした。

2016年は8月12日22時頃が極大だそうで、深夜月が沈んだあとなら、きっとたくさん流れ星を見られるんじゃないでしょうか。夜更かしもしやすいスケジュールなので、試してみては?
ただし、深夜なので車の運転も、観測中のモロモロもご注意を。「きゃー!見えたー!!わぉーっ!!」とワイワイしすぎないように気をつけながら、お楽しみくださいマセ☆

コメントを残す

画像を添付することが出来ます。(JPEGのみ)

サブコンテンツ