GWを茨木で過ごすなら -白井河原合戦跡で歴史を感じてみる-

はい、いばジャルです。

ゴールデンウィーク後半、
茨木市民の皆さまは、どんなふうにお過ごしになりますか?

「連休っつっても、ちょっとしか日にちないし
どこ行ったって混んでるし、もう近場でゴロゴロするか」
という方のために、
茨木市内でのゴールデンウィークの過ごし方を
いくつかピックアップしてみますね。

幣久良橋へサイクリング -茨木市耳原 白井河原合戦跡-

茨木川・白井河原合戦跡

国道171号線から、茨木川に沿って北へずんずん行くと
「幣久良橋東」という交差点に出ます。

橋の東側に、石碑があります。
幣久良橋石碑

この幣久良橋あたりが「白井河原の合戦」があったところだそうで、
石碑のすぐそばには、白井河原の合戦について書かれた看板があります。

白井河原合戦跡の看板

NHK大河の「軍師官兵衛」にも登場している、荒木村重という人。
ちょうど今、織田信長の下で、ココロ揺れ揺れ状態になってますよね。

同じく「官兵衛」にチラッと登場していたんですが、中川清秀という人。
【文化財資料館・中川清秀と中川氏】の記事にも載せた、
中川清秀と荒木村重VS茨木重朝と和田惟政の戦いが
白井河原の合戦です。

前に茨木ジャーナルの記事で、【キタ―ッ!茨木城復元!】と
大河に一瞬映った「茨木城」を紹介していました。
黒田官兵衛「摂津茨木城」
この時は確か、官兵衛が村重を訪ねて茨木城に来た、という場面でしたが、
それよりも前にあったのが「白井河原の戦い」です。

***************************************
茨木・和田軍500騎に対して、
荒木・中川軍2,500騎。

「うちの主は、将軍に呼び出されてますねん」と
茨木・和田軍は、援軍が到着するまでの時間稼ぎをしようとしたのですが、失敗。
逆に、一気に戦いへと進んでしまったというもの。

「和田の首を取ったヤツには、池田を与える!」と村重が言い、
清秀がその首を取ったのだとか。。。。
茨木軍は、和田軍と村重たちが戦っているすきを狙って
村重たちの本陣を襲うものの、やられてしまう。。。

早々に、指揮官を失った茨木・和田軍は
「主を討たれて、どうして生き残れっちゅーねん」と
玉砕覚悟で攻め、全滅。

「白井河原は名のみにして、唐紅の流となる」と残されているほど
河原一面が赤く染まったのだそうです。

***************************************

茨木・和田軍が陣取った「糠塚」がこの写真のあたり。
茨木川と糠塚

これは、幣久良橋から国道171号方面の河原。
幣久良橋・茨木川171号方面

ここから、そう遠くないところには
他にも古墳があったりするので、自転車で来たら
ウロウロできますね。

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ