PR

三島コーポレーションは「住まい」を通して人生設計。賃貸も売買もリフォームも!

「ペッパーくんがいます!」と前に読者から情報をいただいて行ってみた、JR茨木エキスポロード沿いにある株式会社三島コーポレーション。
茨木ジャーナル内ではその後、ガンバ大阪の観戦チケットプレゼントの案内や、映画鑑賞付きのCM視聴モニターの募集を案内させていただきました。そのたびに「そんなにサービス満点でいいの?」と思ってしまう三島コーポレーションさんは、どんな会社なのでしょうか。

三島コーポレーション外観

株式会社三島コーポレーションは、茨木市で不動産売買・不動産仲介の「三島土地住宅相談所」として、1949年(昭和24年)に創業。長く茨木市とその近隣地域のひとに親しまれている会社です。

現在は不動産売買・不動産仲介とその関連事業だけでなく、賃貸マンションの管理・自社運営やリフォーム、そして有料老人ホームの運営なども行っています。

アパマンショップ外観

「どんな雰囲気の会社なんだろう?」と思い、三島コーポレーションさんにお話をお聞きしてきたので、紹介します!

三島コーポレーションアパマンショップ受付

三島コーポレーションってどんな会社?

三島コーポレーション上田さんと上垣内さん

話をお聞きしたのは、流通事業部・本部の上田学さんと、賃貸仲介部・アパマンショップ本部の上垣内(かみがいと)潔さんです。(写真左・上田さん、右・上垣内さん)
流通事業部はご自宅などの不動産の売買に関する業務、賃貸仲介部はお部屋探しなどの賃貸に関する業務を行います。

 -三島コーポレーションっていろんなお店がありますよね。

 上田 以前は賃貸も売買も、同一店舗で営業活動をしていたんですよ。来店いただいてから、賃貸・売買のどちらに関するお話か伺うスタイルでしたが、今は窓口が別々になっていますね。

 -では、あらかじめ「家を借りたいのか、買うのか」を決めておかないとダメですか?

 上田 いいえ、大丈夫です。売りたいと思って来店して、話をお聞きしているうちに「貸した方がいいのでは?」となることもよくあります。その場合は、賃貸仲介部の担当者へ引き継ぎます。

 -借りるか、買うかも相談できるんですね。

 上田 もちろんです!

家を買いたい、売りたいという時

三島コーポレーション上田さん1
 -じゃあ、どんなタイミングでお店に行ったらいいですか?今、自分が買えるのかどうかわからないこともあると思うんです。

 上田 真っ白な状態でお越しいただいて、大丈夫です!実際、そういうお客様も多いです。

 -具体的に何も決まってないというときは、どんなふうに話が進むんですか?

 上田 ゆっくり話を聞くところからスタートですよね。協力会社による専門のファイナンシャルプランナーに同席してもらうこともできます。

 -ファイナンシャルプランナーに?

 上田 はい。人生設計から一緒に考えるんです。若い方は特にご利用いただくことが増えてきました。家族構成、ご自身の所得やその推移、教育費等これからかかる費用などを、数十年先まで計算します。キャッシュフローを専門家に見てもらってアドバイスをもらうと、イメージもしやすいようです。

 -第三者としてプロの目が入るんですね。

 上田 はい。私たちも同席しますが、プロの提案を尊重しますし、最終的にはお客様に判断していただきます。

 -「こうしたらいいですよ!」と押し付けられるんじゃないかって不安なんですが。

 上田 安心してください。一番大切にするのは、お客様のご意見です。ご提案物件それぞれのメリットやデメリットもしっかり説明して、お客様の判断に沿っていきます。

 -いろいろ考えて、決めるのに時間がかかりそうなんですけど。

 上田 もちろんもちろん!高額な買い物ですし、逆にパッと決めちゃうより、しっかり比較検討する時間は必要です。

家を借りたいとき

三島コーポレーション上垣内さん
 -賃貸の場合は、どんなふうに話が進みますか?

 上垣内 借りたい、という場合はご希望をお聞きして、ご条件に合う良い物件を探してご案内します。優先順位、ここだけは譲れないポイントなどもお聞きしますね。最近は、インターネットでいくつか絞ってから来店なさる方も多いです。皆さん、いろんなサイトで調べていて、よくご存じだなぁと思います。

 -今までにたくさんのお客様に物件を紹介してこられたと思うのですが、印象に残っていることってありますか?

 上垣内 数年前かなぁ。NHKの教育テレビで、新社会人のためのお部屋探しという番組があったんです。タレントさんがお客さん役になって、当社のスタッフがいつも通りに案内するという内容で。そしたらそのタレントさんが、紹介した部屋を本当に気に入ってくださって、実際に契約いただいたということがありましたよ。

 -うわぁ、それも面白いですね。上垣内さんは、どんなときに「紹介してヨカッタ」と思うんですか?

 上垣内 そうですねぇ。思い出に残ってることはたくさんあるんですけど、賃貸の場合って2回、3回と引越しをすることがありますよね。結婚するとか子どもが生まれるとか。そんなときにまたご利用いただくと、やっぱり嬉しいですよね。

ご契約後の関り

 -賃貸で物件を紹介した方とは、ご契約後も関りがあったりしますか?

 上垣内 お客様から、困っていることや不具合などを相談いただければ対応しています。

 -三島コーポレーションのサイトに「お客様からの声」が載っていたのですが、親子二代でお世話になったという声や、親から紹介されたという方も多いんですね。

 上田 そうですね。創業66年で、過去一万件以上のお客様とお取引後、お付き合いさせていただいてます。年に一度は訪問してお困り事等を伺っているので、お客様との関係はお引き渡し以降、年々深まってまいります。

 -お客様のところでは、どんなお話になるんですか?

 上田 リフォームのご相談や買い替え、建て替え、境界等の近隣問題のご相談などもあります。

 -そっか、他の部署へも引き継いでいただけるんですよね。

 上田 例えば、若いときに賃貸でお世話させてもらった方が、家をご購入になることもあるんです。賃貸のときにいい関係が構築されているんだなぁと実感できたときは、嬉しいです。

 -賃貸って、三島コーポレーションにお世話になる入口かもしれないですね。

 上田 人生設計のお手伝いを三島コーポレーションでさせてもらえるのは、嬉しいですね。

アパマンショップ外観

茨木市内での三島コーポレーションの活動

 -ところで、三島コーポレーションさんの会社名って、街のいろんなところで目にします。

 上田 そうですね。近いところでは、今年も茨木フェスティバルに参加します。

 -茨木で開催のイベントに参加なさったり、地域に出ていっている会社というイメージです。茨木フェスティバルは、みなさん一緒に参加なさるんですか?

 上田 くじ引きで、商品が当たるというブースですね。交代しながらみんなで参加します。

 上垣内 お祭りですからね。従業員も交代しながら楽しんでますよ。

 -イベントの会場でばったりお客様に出会ったりなんてことも?

 上垣内 あります、あります!直前にご来店いただいた方には案内もするので、そこでまたお客様とコミュニケーションが取れるのも、楽しいですね。

 上田 お客様から「この間、いてたね」と言われることもあります。「そんなイベントにも出てるんだ」という驚きもあるみたいですよ。

 -びっくりした出会いも、あったりします?

 上田 10年ぐらい前に、ご結婚を機に新築の一戸建てを購入された方がいるんですよね。その方が幸せそうに、3人の子どもさんを連れて来られたんです!こんなに年月って経ったんだなぁと思ってね。そういうのは嬉しいですね。やりがいを実感できます。

三島コーポレーション上垣内さん上田さんI

茨木ってどんな街?

 -長く茨木市で「住まい」に関するお仕事をなさっていますが、茨木ってどんな街だと思います?

 上垣内 聞かれるだろうなと思ってました(笑)。スタッフと話題にあがるのは「自転車のカギをかけなくても大丈夫」ということ。安心な町というイメージは、すごくありますよね。

 -賃貸だと、特に女性のお客さんはそこを重要視しそうですね。

 上垣内 そうですね、親御さんも気になるところです。駅からの道が暗くないかとか。

 -ただ「自転車のカギはかけてね」と、いばジャルとしては書きますけど(笑)。

 上田 お客様の様子から受ける印象ですけど、茨木で住まいを探すときって学校区を絞り込んで来られる方が多いですよね。実はそういうお声を参考に、小中学校の校区からご購入物件を探すことの出来るサイトを、あと少しで公開できる予定なんですよ。

 -そうなんですね!

 上田 茨木の小学校って、1年生から6年生まで地区で集まって通学する集団登校なんですよね。 そういうものも含めて茨木は「教育はしっかりしている」というイメージがあるなぁと思います。

 -聞いたことがあります!子育てしやすいとか。それも特長なんですね。 

 上田 茨木は緑も多くて、教育環境も整っているというイメージがありますね。

 上垣内 賃貸でも、転勤で物件を探される方は、校区を指定してこられる方は多いですよ。

 上田 あとは、やっぱり学生さんも多いですね。昨年、立命館大学のキャンパスもできたし。

 上垣内 留学生も増えてきましたよね。三島コーポレーションでも、立命館大学と提携して、留学生向けに仲介もしています。TOEIC900以上のスタッフもいるので、英語でのご対応もバッチリです。

ふらっと立ち寄れる「不動産のコンビニ」に

三島コーポレーションアパマンショップカウンター

 -三島コーポレーションは幅広く「住まい」のお手伝いをしてくださっていますが、今後、こんなお店にしたいという思いや、PRしておくことはありますか?

 上田 人生を通した長いお付き合いをしたいですね。三島コーポレーションは継続して地域に住んでる方に、便利に使ってもらえる場所になりたいです。「不動産のコンビニ」ですよね。ふらっとお茶を飲みにくるような感覚で。

 -そう言われても、本当にふらっと行っていいの?と思うんですけど。

 上田 店頭には物件資料や過去の取引事例、エリアに関する資料もあるので、そういうものを参考に見にきてください。

 -アパマンショップには、入口すぐのところにオモシロそうなものが置いてありました。

三島コーポレーションアパマンショップ入口左側

 上垣内 「ガンバ伝説マップ」とか「いばらきさん」などのフリーペーパーも、自由に取りに来ていただいて大丈夫ですよ。いつか、インターネットを各店で開放して、お客さんにネットカフェのように使ってもらえたらオモシロいですよね。

 -用事がないと行きづらいので、オープンな場所だとウレシイです。

 上垣内 あ!ひとつお知らせです。アパマンショップでご契約いただくと、Wi-Fiが3年間無料になるキャンペーンが6月17日からスタートしています。

 -あ、それはありがたいですね~。

 上田 売買からもお知らせがありますよ!7月からインターネットで、住宅ローンの事前審査ができるようになりました。今まではお客様に、ローン審査用紙に書いてもらったあと銀行に提出して、回答まで日にちがかかったんですが、今後はネットの審査で15分ほどで回答がきます。

 -最近いろいろ問題にあってる「ジョウホウロウエイ」みたいなことは大丈夫なんでしょうか。ドキドキしますが。

 上田 銀行のシステムで行うんですが、入力した情報は、送信したらデータが全部消えるようになっていますから、安心してくださいね!

三島コーポレーションを選んだ理由

三島コーポレーションお二人右側から

 -たくさんのお話を聞かせていただいて、ありがとうございました。最後に一つだけ質問です。お二人が、三島コーポレーションを選んだ理由を聞かせてください。

 上垣内 もともと不動産の業界にいたんです。おっしゃったように「押し付けられるんじゃないか」みたいな賃貸のイメージというか、そういうところにコンプレックスもあったんですよ。三島コーポレーションは健全なイメージがあって、ちょうど三島コーポレーションがアパマンショップへ加盟するタイミングだったので、ここで働きたい!と。

 上田 なんかねぇ、全部「縁」なんですよ。三島コーポレーションに入社したのも、それから今までの仕事も。たまたま前の仕事で宅建の勉強をして資格も取ったから、と不動産業を選んだんです。三島コーポレーションは、面接をしてくれた人が、こういう人がいる会社ならと思える人だったんです。

 -その方が面接官じゃなかったら、ここにはいらっしゃらなかったんですね。

 上田 かもしれません。でも、その人は私が入社して一ヶ月後には、独立しちゃったんですけどね(笑)。今もお会いしたら「あの時に」って話して笑ってます。

 -不動産屋さんにお話をお聞きするということで、実はドキドキしていたのですが、とても身近に感じられる楽しいお話でした。今日は、ありがとうとうございました。

三島コーポレーションアパマンショップ窓際

いかがでしょうか。
まったく個人的な考えですが、不動産屋さんは敷居が高いとか、押し付けられそうというイメージがありました(スミマセン)。
お話をお聞きして、言葉は悪いかもしれませんが、「扱う商品」が違うだけでお客様との関りや思っていらっしゃることは、他の仕事と一緒だなぁと感じました。

住まいのことで何か困ったら、きっと一緒に考えてくださるような気がしました。どのお店に行ったらいいか迷っても「三島コーポレーション」という看板のところへ行けば、ちゃんと案内してくださって安心だなぁと感じました。

お話を聞かせていただいて、ヨカッタです。
上田さん、上垣内さん、お忙しい中ありがとうございました!

株式会社三島コーポレーション
所在地: 茨木市西駅前町6番22号
【三島コーポレーション公式サイト】で、ブログなどもチェックしてみると楽しいですよ!

コメントを残す

画像を添付することが出来ます。(JPEGのみ)

サブコンテンツ