「部長、ラーメン一夢庵行ってきました!阪急茨木市駅から近いです」

はい、茨木ジャーナルです。

ラーメン好きが集い「ただ実食する」という研究を積み重ねている、OICラーメン部。
【OICラーメン部で「茨木きんせい」へGo!ズズッとすすれ、大人たちよ!】(2018年9月)の記事参照。

初めて参加した部会議で「あのラーメン屋、気になる」との声が聞かれた店へ、先日行ってきました。
場所は、阪急茨木市駅から南へ、舟木町交差点を過ぎて次の道を西へ入ったところ。

一夢庵外観1IMG_7974

ラーメン一夢庵です。
小さなお店がぽつぽつと並ぶ大きくない道沿いにあり、何度か前を通っていたのになかなかタイミングが合わなかった一夢庵、夢の実食へ…です。

入口のところにメニューも掲示してあったので、ちらっとチェック。塩ラーメンにも醤油ラーメンにも、それぞれ種類があるみたい。「あっさり梅肉のせ」が気になり、塩ラーメンにしようかなとぼんやり思いながら、入店。

一夢庵メニューIMG_7976

カウンター6席だけのこじんまりした店内。お店には、大将だけ。

お昼1時を回っていたんですが、ちょうど他のお客さんと入るタイミングが重なり、そのあと続けてお客さんが来られて、たちまち席はいっぱいに。

他のお客さんは、通い慣れているようすでサクサクっとオーダーしていました。
席についてからもう一度メニューを見ていたら「期間限定」の文字を発見してしまった!「あっさり梅肉のせ」が気になっていたのに、

一夢庵ラーメンIMG_6045

「期間限定・煮干しねぎ塩ラーメン(800円)」をオーダーしちゃった!キレイ~♪

一夢庵の塩ラーメンと期間限定で煮干しとのマッチングを楽しめるのかも~と、ワクワク。

「一夢庵の煮干しねぎ塩ラーメン、実食します」

一夢庵のスープは、地鶏と香味野菜と魚介類から旨みを抽出しているんだと、メニューにも書いてありました。煮干しねぎ塩ラーメンのスープも、お~いしい!煮干しの主張にコクを感じ、定番の塩ラーメンも食べてみたいと思いました。オイシカッタわぁ。

麺は細い!たまごを使っていない自家製麺なんですって。噛み応えがあり、食べ終わるのがもったいなく感じるおいしさです。香ばしさの広がるチャーシューも、謙虚に添えられたメンマもおいしくて、メンマなんて「もっと食べたい」と初めて思った…。

もう一つ私が「うわ、おいしい」と思ったのが、鶏肉のつみれ。

手作り感いっぱいのゴツゴツした形は、風味もいいし野菜のシャキシャキ感が残っていて「ラーメン屋さんで鶏団子を褒めるのもおかしいけど」と思いつつ、じっくり味わいました。

「部長、ランチメニューはいろいろありました」

替え玉には、味変玉(250円)というメニューもあり、食べ終わって入れると味が変わるのだそうで、いろんな味を楽しめるみたい。ラーメンによって味もちがうんだろうなぁ。試してみたくなります。

ランチメニューは、好きなラーメンに「つみれご飯セット(200円)」「唐揚げセット(300円)」「チャーシューご飯(200円)」などが頼めるようです。
個人的に気になったのは「鶏節と自家製燻製醤油のたまごかけごはん」。うぅ、オイシソウやんかー。

他のお客さんは、何度も通っている方ばかりだったようで、スマートにセットや他の単品をオーダーしていらっしゃいました。オーダーを聞くだけで、どれもオイシソウと思ってしまった。

一夢庵入り口のところIMG_7975

ラーメン一夢庵は、大将が一人で切り盛りしているからか、先払い制です。
流れるような手際の良さで複数のラーメンを調理していく様子は、見ているとさらにワクワク感がプラスされます。楽しいカウンター席だわ。

OICラーメン部の自主練にピッタリの、おいしいラーメン店でした。

所在地: 茨木市舟木町15-1
営業時間 
火~土 11:30~14:00/18:00~22:00
日曜  11:30~15:00
月曜定休
(月曜が祝日の場合は、翌火曜日が休み)
駐車場はありませんが、すぐそばにコインパーキングあります。

コメントを残す

CAPTCHA


画像を添付することが出来ます。(JPEGのみ)

サブコンテンツ