茨木に岡山県鏡野町アンテナショップ「夢広場」オープン!

はい、茨木ジャーナルです。

7月の真ん中ごろに、消防署の裏のほうを通ったとき、

ルオーター跡

ルオータという八百屋さんのあった場所で、何かの作業をしていました。新しいお店ができるのかなぁと思いながら、この日は通り過ぎました。

その数日後。
「情報はココ」に届いた「新しいスポットがオープンするよ」というコメント(おおいけさん)。
書いてあったのが、この場所でした。ありがとうございます~。

産直野菜と加工品の店・夢広場

夢広場外観DSC05602

7月22日にオープンしたのは、岡山県鏡野(かがみの)町の産直野菜などを販売する「夢広場」。
鏡野町のHPでも「…この店舗は、DAE(株)、岡山県鏡野町、大阪府茨木市、追手門学院大学、北おおさか信用金庫、津山信用金庫の『産・官・学・金』連携事業として開店し、…」と紹介されていました。
鏡野町産の農産物や特産品から毎日届く新鮮な農産物を、大阪でも気軽に買い物できるスポットだそうです。

夢広場野菜DSC05597

オープン間もない日に行ったところ、近隣にお住まいのお客さんが次々と訪れて、新鮮な野菜や果物などを買い物していました。
季節の野菜や果物が並び、同じ野菜でもさまざまな品種のものが並んでいて、食べ比べたり料理にあわせて選ぶのも楽しみの一つになりそうです。

夢広場食品DSC05595

野菜だけでなく、加工食品もずらっと並んでいるのもアンテナショップらしくて、楽しめます。

かがみの田舎カレーDSC05594

暑くて料理するのイヤだー、というときにも頼りになるような商品が並んでいました。

岡山といえば、桃!
瑞々しい白桃も「えー、このお値段?!」と産地直送ならではの、嬉しい価格になっていました。

夢広場ささげDSC05584

見慣れない野菜もあって、写真の細なが~いインゲンのようなのは「ささげ」という野菜。インゲンと同じように調理することもできるそう。

農産品や加工品以外にキッチン用品も販売していて、そばには

夢広場北おおさか信金マスコットDSC05600

ちょこんとマスコットが座っていました。
この子、北おおさか信用金庫のマスコット。「産官学金」の事業ですよ~ってことで、ここに出勤中なんですね。

ネームホルダーを首にかけてるので、スタッフの一員ってことですよね。
ただし「これいくらですか?」など質問しても、キュートな笑顔でさらっと流されてしまうので、わからないことは他のスタッフに確認しましょう。

北おおさか信金のキャラクター
(写真は2015年 イベントで見かけた「きたしんくん」)
【「茨木のお店」を食べちゃえ♪今から万博公園お祭り広場へGo!】の記事参照。

追手門学院大は、北摂総合研究所とベンチャービジネス研究所を窓口に、学生も参加。市場調査や店舗運営のサポートという形で関わってくれるのだと、夢広場を切り盛りする太田さん。

「きたしんくん」だけでなく、追手門学院大のあのマスコット「おうてもん」にも店に並んでほしい気がします♪

追大村上ゼミ
(イベント出店時の前掛けにプリントされた「おうてもん」)

私は、夢広場を訪ねたあとに用事もあったので、ゆっくり買い物などができなかったのですが、野菜も果物もお手頃価格でちょっとびっくり!
事業連携しているD・A・E株式会社が、もともと岡山県と大阪府を結ぶ自社輸送便を持っている…というところも強みなんでしょうね。

鏡野町ツアーDSC05604

店内には、岡山県や鏡野町を紹介するパンフレットなどもありました。「移住体験ツアー」なんてポスターもあって、夢広場をきっかけに鏡野町と茨木市の新しい交流も生まれていくのかも。
まずは、夢広場で鏡野町の自然を味わってみませんか?
ぜひ!

所在地: 茨木市東中条7 D街区
営業時間 10:00~19:00

岡山県鏡野町地図DSC05610

【夢広場の案内ページ】もチェック~♪

コメントを残す

CAPTCHA


画像を添付することが出来ます。(JPEGのみ)

サブコンテンツ