限定・桃ンブランを食べてきた!-阪急茨木市「お茶とお花とモンブラン」の季節メニュー

はい、茨木ジャーナルです。

ぼよ~んとしてるとあっという間に時は流れ…です。
先日「あ、桃やん!」と思って、阪急茨木市駅の東側のスイーツのお店へダッシュしてきました。

お茶とお花とモンブラン外のサインIMG_4016

東西通りの「舟木町東」交差点を北へ入ってすぐの「お茶とお花とモンブラン」。季節ごとにどんどん変わっていくメニューが楽しみです。

「あ、桃やん!」と引き寄せられたのが、コレ。

お茶とお花とモンブラン桃ンブラン2IMG_2461

「桃ンブラン」です。めっちゃ桃ッ。

白桃と和栗クリームが、白桃とロゼワインのジュレの上に乗っかってます。もう、たーっぷりの桃感。

お茶とお花とモンブランの桃ンブラン3IMG_2452

え、どっから食べよ…と、ワクワクしながらお皿をちょっと回してみたり♪

上から下までぜーんぶ桃ッ!
さらに、白桃とバラのソースをかけると味の変化も楽しめる、という仕掛け。

クリームのこっくりした感じと、なかのメレンゲ、それぞれ異なる甘さを楽しめておいしい!

お茶とお花とモンブランのセットIMG_2459

この日はダージリンティを一緒に。

これがまた、ナイス!!
濃厚な桃ンブランと紅茶は、夏らしい組み合わせでした。渋味もなくて、すっきりします。

「使っているUF-FU(ウーフ)さんの茶葉のチカラです」とお店の方。丁寧に淹れてくれてるのも、あると思うなぁ。

写真にチラリと、アクリルの仕切りが見えちゃってるのが、この時期らしい…。

感染症への対策のため、店内は1人か2人での利用に限られていて「会話もできればヒソヒソめでお願い…」と案内がありました。

完全予約制じゃありません~

お茶とお花とモンブランの天井202107IMG_2465

お茶とお花とモンブランでは、天井いっぱいに飾られた花たちの中で季節を味わうことができます。ほぉ…っと、その空間を楽しみたい人が来られている印象で、落ち着いていて、1人でも利用しやすいですよ!

1011-2お茶とお花とモンブラン二階のテーブルIMG_9862
(写真は2019年10月)

かわいいサイズのスペースなので、席数は多くはないけれど事前に予約を入れることも可能です(利用は1人か2人のみ)。
当日用の席も別で用意してあるので、私も予約なしで出かけちゃいます。

混雑時は約1時間までの利用。「何時何分には席が用意できますよ」と教えてもらえるので「いつまで待てばいいんだろ」というストレスもナシ。

お茶とお花とモンブランのテーブル席の栗IMG_2448

1階のカウンターでオーダーしたあと、2階へ。指定の番号の「栗」の席で待ちます。かわいいッ。

お茶とお花とモンブランテーブル席案内IMG_2449

1時間はあっという間のような気がしますが、そもそも、モンブランたちの賞味時間は約30分。
できたてをおいしくいただいて、少しゆっくりするとちょうどいい感じです。

お茶とお花とモンブランスクエア桃ンブランIMG_4017

バラとかロゼワインのジュレとか白桃の、とか…。「わぁん、なんか優雅や~」と思えたひとときでした。(嗚呼小市民♪)

今回いただいた桃ンブランは、7月後半の限定メニュー。

桃を使ったモンブランはもう終わりぃぃ?と思ってたんですけど、8月からは「桃ンブランのさらに進化したバージョン」が始まるらしいですよ~。

もちろん、定番モンブランもあります。
ほかにもオイシソウなのがあるんですよねぇ…、なかなか制覇できないけど。

ぜひッ。

所在地: 茨木市双葉町15-22
営業時間
水~土曜 11:00-16:00
(テイクアウトは11:30~)
不定休あります。
☆営業時間などは変更になることもありますので
SNSや店舗でご確認ください。
店内利用は1名か2名で。
お茶とお花とモンブラン HP
インスタグラム ocha.ohana.montblanc
■テイクアウトできる商品もあります。
■小さい子どもさん連れの店内利用はお控えください。

■テイクアウトしたときのことを
【お茶とお花とモンブランで季節限定いちごスイーツ!】(2020年3月)記事で。
今と変更になっていることがあるかもしれません。ご利用時にお店でご確認くださいね。

■2021年2月
【お茶とお花とモンブラン(阪急茨木市)で限定メニュー。「ひとり時間」をたっぷりと】記事もよかったら♪

コメントを残す

CAPTCHA


画像を添付することが出来ます。(JPEGのみ)

サブコンテンツ