お茶とお花とモンブラン(阪急茨木市)で限定メニュー。「ひとり時間」をたっぷりと

おはようございます、茨木ジャーナルです。

年が明けてからあっという間に1ヶ月が過ぎました。「うぅ、これ1月のことなんだけど…」なというのが、

0129お茶とお花とモンブランおもてIMG_9572

とても久しぶりに出かけた、お茶とお花とモンブランでのティ―タイム。お店のサインそばに飾られたお花も、季節に合わせて変わっていました。

阪急茨木市駅から東へちょっと行ったところにあります。

店内は、予約もできるし当日行ってみるのもOK。「人気のお店だもんなぁ」と思っていたら、今年1月途中からは「店内飲食は、1名で」と変更されていました。

0129お茶とお花とモンブラン店内IMG_8637

行ってみると、ちょうど席も空いたところ。私以外に2人のお客さんが、それぞれおいしい時間を楽しんでいらっしゃいました。

0129お茶とお花とモンブランお花タルトIMG_8641

以前は、王道or季節限定?みたいに選ぶワクワク感がありまして、ワクワクしながら行ってみると、さらにいろんなメニューから選べるようになっていました。

ど、ど、どーしよ…と思っていると「実はこれが」と教えてくださって、お花のタルトをチョイス。

0129お茶とお花とモンブランお花タルト2IMG_8642

下のタルトの中に、りんごのコンポート。チーズの濃厚さとイイ感じにいただけました。お花だって食べられます。

私は「食べられる花」をいただくときはいつも、フランスの貴族気分になってしまう。(嗚呼小市民♪)
お花のタルトはもうすぐ終わりになると聞いたので選びました。

私が行ったのは1月29日で、もう1月終わるやん…なタイミング。すでに2月からの新メニューも登場しています。どんどん新しいメニューが出てくるので、2月、3月と何度いっても新しい楽しみがありそうです。

0129お茶とお花とモンブラン紅茶IMG_8643

ちょっとスパイシーな、でもさっぱりした紅茶と一緒にいただきました。モンブランとピッタリ~!

これまた1月で終わりの「ノエル」という紅茶です。

超・限定に弱い人らしいティータイムとなりました。

0129お茶とお花とモンブラン紅茶とタルトIMG_9562

上は、どうやって撮ったらイイ感じになるんだろう…と迷っている図。

砂時計の砂が落ちたら紅茶の飲みごろだと聞き、砂が落ちるまでに撮らねばと慌てています。

0129お茶とお花とモンブラン砂時計とIMG_8640

うまく並べられそうになくて、お花のタルトと砂時計を撮ってみる…の図。

途中で「そっか、紅茶を入れたカップを並べたらキレイやん…と気付くも、その時には食べ終わっておりました。

「召し上がれ」とテーブルに到着したら、すぐに食べたくなってしまう。

2021年お茶とお花とモンブラン店内IMG_9561

今は、この空間を楽しむのは「お一人さま限定」。本当に静かでまわりが気にならないというか、ぼぉっといられます。

気持ちをちょっとリセットしたい、というときにもオススメです。ほんとに心地いいので♪
あ、二階へは靴を脱いであがります。着脱ラクラクな靴がベター(笑)。

所在地: 茨木市双葉町15-22
営業時間
水~土曜 12:00-16:00
不定休あります。
☆営業時間などは変更になることもありますので
SNSや店舗でご確認ください。
(2021年1月29日時点で)
店内利用は1名でお願いします。
インスタグラム ocha.ohana.montblanc
■テイクアウトできる商品もあります。
■小さい子どもさん連れの店内利用はお控えください。

コメントを残す

CAPTCHA


画像を添付することが出来ます。(JPEGのみ)

サブコンテンツ