茨木市の「まちの愛称」を募集!南目垣・東野々宮地区で

はい、茨木ジャーナルです。

広報いばらき、見ました?

広報いばらき町の名前公募IMG_2760

茨木市の南東部、南目垣・東野々宮エリアで進んでいる「まちづくり」。

商業施設や物流施設の進出が予定されている「まち」の愛称の募集が、5月1日からスタートしました。

なにができるの?

広報を見ると、予定されている施設は次のとおり。

■商業ゾーン
「家具・インテリアショップ」「ホームセンター」「家電量販店」「スーパーマーケット」「公園」など。

■物流ゾーン
「物流施設」「カフェ、シェアオフィス」「多目的コート」「温浴施設、BBQエリア、フィットネスジム」など。

『広く市民の皆さんに知ってもらい、親しみを持って訪れてもらうため…』(広報より引用)
まちの愛称の募集を実施するようです。

「まちの愛称」の応募申し込みは?

「まちの愛称」の最優秀賞に選ばれると、商品券ももらえるとか。
ちょっと試しに考えてみたくなるなぁ。

愛称募集の要領
■申し込みは一人3点まで
(1回の申し込みにつき1点)
■申し込み対象
茨木市内在住・在勤・在学者
(整備区域内の地権者は市外でも可)
■申し込み方法
1)応募フォームから
【まちの愛称申し込みページ】
2)応募用紙
(茨木市HPからダウンロード)
【茨木市「まちの愛称募集パンプレット】
3)任意書式で郵送・ファックス・メールで
(愛称とそのふりがな、愛称の意味や理由、氏名とふりがな、郵便番号と住所もしくは市内勤務先・市内在学先名称、年齢、電話番号を記入)
■申し込み先(2、3の場合)
郵便番号567-8505 都市政策課
FAX 072-620-1730
メール toshi@city.ibaraki.lg.jp
市役所南館1階受付前の応募箱へ直接持参も可能
審査結果の公表
・組合及び関係者で候補を選考
・一般投票 R4年7/1(金)~7/12(火)に実施予定
・最優秀賞の受賞者には文書で通知。

■愛称募集についてのページ
【茨木市 まちの愛称募集について(要領・選定基準等)】

ってことで。
今回は、その近くの風景をちらり~(笑)♪

あけぼの橋のいま(4/28)

0428あけぼの橋を南側から見るIMG_2719
(2022年4月28日)

上の写真が、あけぼの橋。
東野々宮とか南目垣エリアと野々宮を行き来できる橋。府道14号の南側にあります。
なぜ「その近くの風景を~」と紹介するかというと、

0403あけぼの橋の工事の風景IMG_1837
(写真は20220年4月3日)

あけぼの橋のちょっと北側でも、工事をしていて、その様子が気になっているから。
ここの工事も、新しい「まち」の完成に合わせてたりして。(勝手な想像です)

0428あけぼの橋工事の方IMG_2711

白い橋台の向こうに、あけぼの橋。
反対側(北側)を見ると、

0428あけぼの橋となり目垣のほうへIMG_2710
(2022年4月28日)

府道14号線。玉島橋。橋の東側が東野々宮・南目垣のほう。

■2020年11月23日記事参照。
【今日のいばらき11/23-あけぼの橋と玉島橋の風景】

あけぼの橋のとなりで「新しい橋を作っているのかも…」と聞いて見に行ったのは、2018年。

いまのあけぼの橋から工事のほうを見るDSC02653
(写真は2018年9月)

それから、たま~に見にいっていますが、ここしばらくは変化はなさそうなかんじ。

0428あけぼの橋工事の地面77番IMG_2715

地面に「-77」の文字があって、そこから安威川を見ると、

0428あけぼの橋工事77番のところからIMG_2716

こう。
いつか橋がかかるのかなぁ。

南目垣・東野々宮エリアで新しい「まち」ができるのに合わせて、橋も新しくなるのかなぁ…と、勝手に想像中。

4月28日に見に行ったときは、

0428あけぼの橋の菜の花IMG_2706

葉の花も少なくなってきましたが、4月初め頃には、

0405あけぼの橋そばの土手IMG_1896

一面、黄色できれいです、ここ。

0405あけぼの橋付近の菜の花IMG_1902

この土手の向こう側が、新しい「まち」です。
どんな愛称が選ばれるのか…。

考えてみよっかなぁ。

【「新たな橋を造っています」-茨木の風景-】

0428あけぼの橋のほうの花IMG_2708
(写真は2022年4月28日)

愛称の申し込み締め切りは、5月31日です!
ぜひぜひ~♪

コメントを残す

CAPTCHA


画像を添付することが出来ます。(JPEGのみ)

サブコンテンツ