「プラレール、どうぞ」-子育て支援総合センターへ行ってみました

はい、茨木ジャーナルです。

2018年8月、旧市民会館前に設置された「IBALAB芝生広場」では、11月30日までの社会実験期間中、さまざまなイベントが開催されていました。

ひと箱広場プラレールの様子6-2IMG_4906

「一つの箱をお店に見立てるフリマ・ひと箱広場」では多くの方に遊びにきていただきました。プラレール遊びの場所も、夢中で線路を繋いで遊ぶ子どもと大人で賑わいました。
フリマに出店してくださった方や遊びにきてくださった方、ご協力いただいた「おもちゃ病院」ドクターにも改めてお礼申し上げます。

さて。

「片付けたくなーーーい!」と子どもたちの涙を誘ったプラレールですが、これはすべてが多くの市民さんからの寄付によるものでした。
ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。本当に多くのプラレールが集まり、カンゲキでした!

ひと箱広場で子どもたちに可愛がってもらったプラレールたちは、その後

IMプラレールの掃除2G_5494

わっさーーーとシートの上に広げ、きれいにお掃除しました。

ぶうぉぉんと、風でゴミを吹き飛ばすやつで、芝を飛ばし、雑巾でキレイにふいて箱詰め。

プラレールを箱に入れるIMG_5497

壊れたものはほとんどなし。丁寧に遊んでくれて、ありがとうね、茨木の子どもたち♪

プラレールのセットIMG_5501

すんごい量のプラレール!

「え、それ、どうすんの?」って気になりますよね~。

愛情たっぷりプラレールは子育て支援総合センターへ!

ぽっぽルーム1IMG_7509

茨木市民のご厚意で集まったプラレールたちは、新しい場所で遊んでもらうことになりました。

子育て支援センターの位置IMG_7525

東経135度34.3分に位置する場所で、遊べます。

子育て支援センター建物IMG_7517

合同庁舎の4階、5階にある子育て支援総合センターで、遊べますよ!(所在地:茨木市東中条町2-13 合同庁舎4、5階)

地図の中心へ

子育て支援総合センターってこんな場所

子育て支援総合センターって、行ったことありますか?子育て中の方なら、知ってる場所なのかな。私は初めて行きました。
子育て支援総合センターには、乳幼児とその保護者が自由に利用できる「ぽっぽルーム」というつどいの広場や一時保育をしてくれるお部屋があるんです。
寄付でいただいたプラレールは、ここで遊ぶ子どもたちに使ってもらうようにしました。

遊んでる子どもIMG_7506

つどいの広場は、就学前の乳幼児と親が過ごせる「屋内の公園」みたいな場所。同じようなスポットが茨木市内に18ヶ所あるそうですが、合同庁舎のぽっぽルームは広くて、ちょっと体を動かせるような遊具もありました。

つどいの広場を利用するには?

合同庁舎には、ぽっぽルーム以外にも「こっこルーム」などいくつかの部屋がありました。

子育て支援総合センターで開催されるワークショップや講座に参加するときには、子どもの保育をお願いできるようになっているそうです。

ぽっぽルーム1IMG_7509

初めてのときには不安で泣いちゃう子どもたちも、慣れてくると楽しみに遊びにきてくれるそうで、そんな変化も親にとっては嬉しかったりしますよね。

「ぽっぽルーム」の利用は、特に予約の必要はなし。公園へ遊びに行くような感覚です。ありがたいことに職員さんもいらっしゃるので、困りごとも気軽に相談できるんです。

「初めて利用するときは、ちょっと声をかけてもらえると、お部屋のことなどを説明しますが、基本的には気軽にいつでも来ていただけますよ」とのこと。

パパとママの「ちょっとお願い~」も、支えてくれます。

ぽっぽルーム1IMG_7509

子育て支援総合センターは遊びに行く気軽さのまま、子育てに関する何気ない相談もできるのが特長。
「相談しにいきます!」と気負わず行けるのは、嬉しいかも。「なかなかおでかけしづらい…」という方には、電話での相談にも応じてくれます。

他に、家庭の都合で保育をお願いしたい~というヘルプにも応えてくれる一時保育も行っています。

「一時保育スマイル」というサポートで、仕事理由を除くさまざまな「ちょっとヘルプ!」を支えてくれます。

冠婚葬祭や保護者の病気や「上の子の参観日なので」という理由もOK。育児にちょっと疲れて…という場合もお願いできます。
「お出かけしたいから…という場合でも。それでママがリフレッシュできれば子どもにとってもウレシイこと」なんだそうです。

子育てハンドブックIMG_7533

茨木市では「子育てハンドブック」というガイドブックを作っています。子育てをしている方は持っていらっしゃるのかなと思いますが、ここに「子育てのサポートいろいろ」として、一時保育のことも載っていました。
「こんな理由でもお願いしていいのかなぁ…」と思ったら、気軽に確認してみてはいかがですか?

市内18ヶ所にある「つどいの広場」は、子育てガイドブックの「おでかけしましょう」という目次で確認することができます。スペースがそれぞれ異なりますが「気軽に遊びに来ていいよ」というのは、同じ。公園へ遊びに出るように、利用できます。雨の日で公園へ行けないなぁというときにも、いいですね!

子育てハンドブックの中ページ

職員の方にお話からは「全力で支えてくれる感」が伝わってきました。
職員さんが工夫して作った子育てハンドブックには、ほっこりするかカワイイ仕掛けも、ちりばめられていました。

「そんなハンドブック、持ってないわ!」という方は、電子書籍でも見ることが可能です。
『茨木市子育てハンドブック』で検索してみてくださいね!

【茨木市子育て支援総合センター】
所在地: 茨木市東中条町2-13(合同庁舎4階)
電話: 072-624-9301
開館時間 9:00~17:00
土・日曜日、祝日と12/28~翌1/4はお休み。
※ただし「ぽっぽルーム」「一時保育スマイル」「ファミリー・サポート・センター」は土曜も開所。

コメントを残す

CAPTCHA


画像を添付することが出来ます。(JPEGのみ)

サブコンテンツ