響珈琲豆直売所(茨木市主原)オープン!シーンに合わせて提案してくれる

はい、茨木ジャーナルです。

今日10月24日の茨木市、朝の最低気温は8℃ですって…。(朝4時発表)
天気は晴れ時々曇りで日中は20℃ぐらいの予報だったので、お出かけはしやすそう。

寒いとやっぱり温かいコーヒーかなぁ。

「主原町6-1-104の辺りに「響珈琲豆直売所」が最近オープンされた。
新庄ガード交差点からスーパーマルヤス方面への道路沿い直ぐ。」
(ふなきさんより)

ありがとうございます!
またまた読者さんから投稿をいただいていたので、行ってみました~!

1022響コーヒー豆直売所外観1020211022041433

並木町の信号から西へ、新庄ガード南の信号の手前(東側)に「響珈琲豆直売所」がオープンしていました。

ちょっと前…といっても数週間前かなぁ…ちょっとあやふやですが、通りかかったときに「工事してるなぁ」と思った記憶。
落ち着いた雰囲気のお店が完成していました。

オープンして間もないそうで、10月末まではオープン記念の企画もあるようでした。

1022響珈琲豆直売所の生豆IMG_5916

店内には生豆があって「でも、出ているのはほんの一部。奥にいーっぱいあって…」と店主さん。

焙煎の仕事を長くされてきたのだそう。
響珈琲豆直売所の店内で丁寧に焙煎したコーヒー豆が、ショーケースに並んでいました。

1022響珈琲豆直売所カウンターIMG_5915

せっかくなので…と選んでみることに。

なんとなく浅煎りも好きだけどどうしようかなぁ…と迷っていると「どんなタイミングで飲むのかで選んでも」と教えてくださいました。

朝に飲むのか、お茶の時間に甘いものと一緒に飲むのか、食事のあとか…、食事でもどんなメニューのあとなのか…いろんな選び方を提案してくれます。

1022響でコーヒーを買い物IMG_5913

今回は、お茶の時間にちょっと甘いものと一緒に飲むコーヒーをチョイス。豆で買うのがおいしいけど、私は挽いてもらいました。
いい香り~。

珈琲豆は挽いたその場で真空にしてもらえるので、新鮮な状態をキープ。

1022響珈琲豆直売所の生豆袋入りIMG_5919

よく、ワインなどで「今年は天候に恵まれて」とか「何年に一度の…」などと味が表現されていますよね。

珈琲豆も、同じ畑でも収穫の時期によって出来は異なるのだとか。

それらを見極めながら焙煎するそうで「できあがりの瞬間を見るのが一番楽しい」とおっしゃっていました。

1022響珈琲豆直売所外観IMG_5920

焙煎した珈琲豆が並ぶショーケースがおしゃれで、買い物も楽しいお店でした。シーンに合わせて珈琲豆を変えてみる…っていうのも、いいですよねぇ。
紅茶でもそうだもんなぁ…。ぜひ~。

【響珈琲豆直売所】

所在地: 茨木市主原6-1-104
営業時間 10:30~18:00
定休日 月・火曜
駐車場はありません。

この通り沿いにこんなスポットもありますよ~。

■2020年8月14日公開
【水尾の麺屋ふくちぁん茨木店、テイクアウトできる!駐車場もあるよ】

■2020年10月29日公開
【MonAmiのパンを配達してくれるのは、新聞屋さん!】

■2021年5月21日公開
【あれ?佐奈部神社の南にあった鳥居はどこへ?-茨木の風景】

コメントを残す

CAPTCHA


画像を添付することが出来ます。(JPEGのみ)

サブコンテンツ