【茅の輪くぐり-茨木神社】一年の後半も元気で過ごせますように

ども、いばジャルです。

6月30日。
2014年のちょうど折り返しとなるこの日に、
茨木神社では毎年、「茅の輪(ちのわ)くぐり」という神事が行われます。

茨木神社茅の輪

「夏越し(なごし)の祓い(はらい)」として行われているんだそうで
市内の池で取ってきた茅(イネ科の多年草)で、直径2メートル、太さ約20センチに
作られた茅の輪をくぐります。
江戸時代から続いているのだそうですよ。

kkご祈祷中

本殿の方は、人でいっぱい。
午後2時から、いよいよ神事が始まります。

kk茅野輪のご祈祷

人形(ひとかた)という人の形に切り抜かれた紙が束になっていて
一番上に名前などが書いてあります。
事前にこれを持っていくと、お清めをして下さるのだそうです。

集まっている人たちは、合図とともに
事前に配られた切幣(きりぬさ)という約1センチ角の小さな紙片を
左、右、左の肩にそれぞれかけて、身を清めます。

kkお清めの紙
この紙を、肩にかけるのです。

それが終わるといよいよ茅の輪をくぐります。

kk本殿からくる

本殿から歩いてきて・・・・

 

茅の輪をくぐっていきます。

kk清め

ちゃんとお清めをしますよ。

kk清め右

kk清め左

順番にくぐります。

kk茅野輪くぐる2

雅楽の方たちも、
kk茅野輪くぐる雅楽
くぐります。

そのあと、集まった茨木市民たちも
順番にゆっくりゆっくり、残り半年の無病息災を祈って

kk市民も茅野輪くぐり1

くぐっていきます。

kk本殿から茅野輪2

すご~い人!

茨木神社では、翌日の7月1日午前中までは
くぐることができるんだそうですよ。

今日間に合わなかった方、明日の朝一番に
行ってみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

CAPTCHA


画像を添付することが出来ます。(JPEGのみ)

サブコンテンツ