子どもとランチ&カフェ!車椅子にも優しいカフェ「太陽とごはん」オープン準備中

はい、茨木ジャーナルです。

JR茨木駅近くの春日商店街で、工事中の場所があると教えていただいたので、見に行ってみました。

場所は、

春日商店街ルぺトラン

春日商店街の真ん中あたり、昔スーパー万代があったあたりのパン屋さんル・ぺトランさんのお向かいあたり。
【茨木・春日商店街のパン屋さん - ブーランジェリー ル・ペトラン -】の記事もぜひ(2013年11月)

太陽とごはんの外

工事中です。
でも、一般のおうちのような外観です。ここでいいのかなぁと思って、教えてくださった方のところへ行くと「そこそこ!」なんですって。

ちょうどお店の方もいらっしゃって、中の様子を見せていただきました。

太陽とごはんのキッチンのほう

以前は編み物教室をしていたという建物で、新しいお店はカフェになります。ぴかぴかのキッチンは広くって、エスプレッソマシンもあるんですって。室内のつくりはほぼ以前のまま使っていて、お店の中にある立派な柱も以前のもの。

太陽とごはん店内の柱

床も味わいがあって、カジュアルなカフェの雰囲気にぴったりですが、これも以前の編み物教室のまま使っているそうです。ステキな空間です。
カウンター席の反対側に、

太陽とごはん店内テーブル席のほう

テーブル席が並んでいます。
シートは柔らかく、イスもテーブルも角は丸く加工されたもの。
「子どもさん連れの方に、ゆっくり使ってもらえたらと思ってます」とのことで、頭をぶつけてもできるだけ大丈夫なようにとの配慮がされている店内です。

太陽とごはんの個室

ホールの向こう・・・というか、建物の道路沿いになるのかな?そちらのほうには、こじんまりとした個室が用意される予定です。ここは靴を脱いでゆっくり使えるようにと考えられているスペース。

「普段はなかなか子連れでカフェに行けないわ、という方に気軽に利用してもらいたい」という思いで作られているカフェです。
お店の中からは、

太陽とごはん店内から庭のほうを見る

お庭が見えます。窓がとても大きいので、店内も明るいなぁ。開放的でいい気持ちです。
「この庭で、子どもさんは遊んでもらってもいいかなと思ってます」ということで、ママはお茶を飲みながら、子どもは外で遊びながら時間を過ごすっていう感じでしょうか。

太陽とごはんの庭

今はそんなにグリーンが見えない庭ですが、実はすでにいろんな植物の種が植えられているんですって。
お店が月日を重ねるのと同時に、ゆっくり芽吹いて木や花が育っていくのかな~。ちょっとずつ風景が変わっていくのも、楽しみですね。

太陽とごはんの庭から店内のほう

春日商店街から、ふっと道を入ったすぐのところにあるので、人や車の通りはそんなに多くなくてホッとできそうな場所です。

お店のオープンは8月末を予定していますが、最初はプチオープンってかんじ。9月の最初か中頃から、一般のお客さんにも来てもらえるように準備していくのだそうです。

太陽とごはんの外観

オーナーご自身のお仕事の経験から、車椅子を利用する方も来店しやすいようにと、お店の入口はスロープが設置されていて、店内でも車椅子が動きやすいように配慮されています。もちろんトイレなども車椅子で利用できるようなスペースを確保しているとのこと。

すてきなお店の名前は「太陽とごはん」といいます。
「こんなふうにも使ってもらえたら・・・」という思いがいろいろあって、きっとオープンしたら楽しいお店になるんじゃないかなぁ。

紹介してくださった、春日商店街・カフェレードルさん、ありがとうございました!
【春日商店街に去年暮れにオープンしたカフェがイイ♪ -Cafeladle(カフェレードル)-】の記事も懐かしいっ。(2014年1月)
【「茨木」「パンケーキ」と言えば、どこ? -春日商店街のカフェ-】の記事もどうぞ。

コメントを残す

画像を添付することが出来ます。(JPEGのみ)

サブコンテンツ