山手台中央公園に行ってみた。ココ、イイッ。

はい、茨木ジャーナルです。

2015年秋に【安威川フェスティバルで、ダム工事現場を見学してきた!】という記事を載せました。
この安威川フェスティバル会場で、茨木市北部の魅力を綴ったパンフ(だったかなぁ?)が配布されていました。
その中で、行ってみたいなぁと思った場所のひとつが、

山手台公園入り口

山手台中央公園です。
「茨木市の町並みが一望できる公園だよ♪」みたいな紹介だったと思います。

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

山手台のほうへは行く機会も少なくて、このマップをみただけでは場所もわからず・・・。
公園の場所は見当がつくんですが、その入り口がわからずウロウロしてしまいました。

山手台幼稚園前バス停

サニー幼稚園やスーパーツジトミのそばにある「幼稚園前」というバス停が、一番近いようです。
バス停のすぐそばに小高い丘があって、それが山手台中央公園。

山手台公園遊具

小さな子どもでも、小学生でも楽しめそうな遊具があります。
訪れた日は平日の夕方。(秋だったので、まだ暗くありません)

山手台公園からの道

子どもの姿はありませんでしたが、近所の方がこの公園を通り抜けるのに使っているようです。
公園の隣にグラウンドもあるし、小学校とも隣り合わせ。

山手台公園遊具

アスレチックっぽい遊具は、他の公園にも多くありますが、山手台公園はあたりの風景とこの遊具がなじんでいる気がします。

山手台公園の休憩場所

広い公園は、歩いてまわるのもなかなかイイ。
お弁当を持って遊びにきてもいいんじゃないでしょうか。

通りかかった方に聞くと、隣にある山手台小学校も多いときは1,000人以上の子どもでにぎわったのだとか。
「今は、子どもも少なくなったからね。ぼくらの子どもらが通ってたときは、この辺も子どもでいっぱいでしたよ」

たくさんの緑に包まれた、気持ちいい公園です。
この写真を撮ったのが秋口だったので、葉っぱも色づいています。四季を感じることのできる公園ですね。

山手台公園の象のすべり台

豊かな自然を感じられる公園・・・♪
という中で異彩を放つ、象のすべり台。
なかなかリアルな目元が印象的でございますなぁ。

山手台公園たこの正面

緑の中際立つ情熱の赤い体。
つやっつやのタコのすべり台。
この公園も、子どもたちには「タコ公園」なんて呼ばれてたのかなぁ。

あ、そうだそうだ、「茨木の街並み」が見たかったんでした。

山手台公園から階段下

山手台公園は、こーんな高台にあります。
そのままちょっとだけ視線を上にすると、

山手台公園から幼稚園のほう

茨木の・・・たぶん西側のほうなのかな?

で、東側のほうを見ると、

山手台公園からの風景

こーんな感じ。

はぁ♪ 
こうして高いところから遠くに茨木の街並みを見るってことは、なかなかないので、ぼんやりといつまでも見ていられそうです。

茨木の市街地から、ほんのちょっとのところに、こうして自然を感じられるところがあるんですね。
見山の郷や銭原などもそうだけど、せっかくだからちょっと足を延ばしてみてはいかがでしょう。

【NHKドラマ「わたしをみつけて」の舞台・茨木市山手台】の記事でも、ちょっと山手台をウロウロしていますが、その記事で掲載した写真の一枚が、

山手台公園を階段下から

「幼稚園前」のバス停そばの坂道から、山手台公園へ繋がっている階段です。
上からの景色もいいけど、下から見てもいい景色。

山手台風景

公園の中でお話をうかがったご近所の方は
「とっても便利!というわけではないけど、過ごしやすいですよ。僕ら、子どもを育ててみて思うけど、子育てには、いい環境やなぁと思いますわ」とおっしゃっていました。

もちろん、電車の駅が近いわけではないので、それは大変かもしれないけれど、わざわざどこかへ出かけなくても、こんなにたくさんの木々が季節を教えてくれてるのは、いいなぁなんて感じました。

関連記事【茨木のニュータウンに残る、悲しい恋の物語】のどうぞ♪

コメント

1件の “山手台中央公園に行ってみた。ココ、イイッ。” へのコメント

  1. ぱんちゃん より:

    わぉ!実家が山手台ですが、帰っても公園には行かないから、とても懐かしいです。
    私が子供のころは象の滑り台はなかったような…爆竹で破壊されたパンダやウサギの置物(⁈)だった記憶が…

    久しぶりに、行ってみようかな(*^o^*)

コメントを残す

CAPTCHA


画像を添付することが出来ます。(JPEGのみ)

サブコンテンツ