地下でダムのフラッシュ放流!?タシモリカレーが万全の構造計算

はい、茨木ジャーナルです。

確か、茨木市の「広報いばらき」にも載っていたので、もう行った方も多いのかな。

タシモリカレーのダムカレーPOPIMG_8386

安威川ダムカレー、この間のイオンスタイルバージョンに続いて、また食べに行ってきました。今度は、JR茨木そばのショップタウン地下のタシモリカレーさん。

ちょっと珍しい形をしたお皿にのせられて、ドーンと出てきた安威川ダムカレーが、

タシモリカレーのダムカレー手前から1IMG_8338

これ!

茨木の街の建物をイメージしかたのようなコロコロした野菜。ダム湖との境に、キーマカレーの堤。こちら側へ放流するゲートはじゃがいもと、とり粂さんの鶏肉でつくられた「特製ジャガチキゲート」。

タシモリカレーダムカレーを反対側からIMG_8362

ダム湖から眺める風景。

ん、イカみたいって?
確かに、一瞬そう見えるかも。「イカやん」って。

このお皿、実はタシモリカレーの店主・川嶋さんが約1年かけて計算しつくした手作りのもの。

タシモリカレーのダムカレーのお皿IMG_8336

里山から街へ向かって、わぁっと広がっていくイメージ。ダム湖側はお皿のヘリが立ち上がり、街全体へ山の恵みが広がっていくような感じ。描かれているのは、茨木市の花「バラ」。

陶芸作家でもある川嶋さんが、ご縁のある信楽でお皿を作りました。この形と色を表現するために、茨木まで運び、総持寺にある窯で仕上げたのだそう。

タシモリカレーのダムカレーを横からIMG_8364

万全の構造計算によってつくられたお皿なので、横から見るとオモシロイ!
キーマロックフィルダム型式の堤、ごはんにピタッとはりつけられてるキーマの姿に「なるほど、13時以降でないと提供できないって、こういうわけか」と納得。
とにかく手がこんでいます。

タシモリカレーのダムカレー手前からアップIMG_8360

辛さはいつものように、タシもOK。モリ…は、構造計算に影響しない範囲でいけるのかなぁ?

私はいつもちょっと抑えめにお願いしてるんですけど「構造計算に影響するから、あんまり減らせませんよ」と言われました。
モリっと食べたい方は、ちょっと聞いてみてね!

タシモリカレーのフラッシュ放流1IMG_8369

さぁ、いきましょか。フラッシュ放流させちゃいましょう。

まずはゲートの準備をします。(堤を破壊しているわけですが)
これはこの間のイオンスタイルの安威川ダムカレーのときと同じですよね。ワクワクする~。

タシモリカレーのダムカレーフラッシュ放流2IMG_8381

とろ~~ん♪
茨木の土岐鶏卵さんの新鮮玉子がまったりしながら流れていきました。
私は、堤をちょこちょこくずしながら食べたんですけど、豪快にダム湖と堤をまぜていただくのもオイシソウだよね~。

すっきりスパイシーなカレーは、やっぱりオイシイッ!
店主の綿密な構造計算の効果は、カレーの最後の一口にかかるころにも実感できました。ヘリのおかげで、すくいやすいんです。ううー、こんなところまでこだわっていたとは‥‥。

実際に行ってみないと味わえない楽しみを堪能できる、安威川ダムカレーでした。

タシモリカレー表の看板IMG_8390

2018年11月に販売スタートした安威川ダムカレー。水~日曜の13時以降からの限定メニュー。

ランチ、遅くなってしまった…という方にちょうどいい!
ただし、限定9食!早すぎず、遅すぎない絶妙なタイミングで訪ねてみてください♪

タシモリカレー外観2019IMG_8392

■2016年11月【スパイスカレー専門店タシモリカレーが、本気で作る絶品甘口カレーを食べてきた!】記事もどうぞ。

【タシモリカレー】

所在地: 茨木市西駅前4番地 駅前ビルB108
営業時間:
11:30~15:00
18:00~20:00(水~金のみ)
月・火休み
☆安威川ダムカレーの提供は13時から9食のみ。
駐車場は、ショップタウン地下「JR駅前地下駐車場」が便利。
駐輪場スペースはショップタウン入口そばにあります。
(いずれも有料)

この間の安威川ダムカレーが
【安威川ダムカレー、イオンスタイル新茨木でフラッシュ放流!】ですね。こちらもランチ時間がずれちゃったという人にもおススメです!

コメントを残す

CAPTCHA


画像を添付することが出来ます。(JPEGのみ)

サブコンテンツ