総持寺スパイスカレー旬香唐、いい魚の和だしと肉と旬野菜の伝説カレーがスゴイ!

はい、茨木ジャーナルです。

2019年4月に阪急総持寺駅前にオープンした「熟成魚と酒.jp春夏冬(しゅんかとう)」。
【4/5「熟成魚と酒.jp春夏冬」open!総持寺ふらっと寄っていこ】(2019年4月4日)記事にもちらっと書いたように、毎週土曜日だけカレーのランチを楽しめるようになっていますよ~!

旬香唐カレー看板IMG_8531

「熟成魚と酒.jp春夏冬」は西中島「和DINING春夏冬」の2店舗目です。

「和DINING春夏冬(しゅんかとう)」では、ランチタイムに曜日限定でスパイスカレーを販売。「究極のカレー 新店部門」で準グランプリを獲得しています。
その伝説のカレーを提供する屋号が「旬香唐(しゅんかとう)」。

総持寺のでも、土曜日のランチタイムだけ旬香唐をオープン。流れを継承しつつ「より魚の旨みをダイレクトに!」と、岸川オーナーが魚骨を砕き溶かして作っています。

それってどんな味よ~♪

…と、行ってきました!

「いい魚使ってる」がきっかけ。そりゃオイシイ!

旬香唐カレー2IMG_8528

ドーン!

これが、スパイスカレー旬香唐が毎週土曜日だけ作っている「魚骨出汁カレーと旬野菜のつくねキーマのあいがけカレー」。

お知り合いの方が作った器に、2種類のカレー、特製スパイス卵、ピクルスなどがこんもりと。
「旬」ってつくぐらいですから、もちろん季節によって使う食材もかわります。

魚骨出汁カレーってどんなのだろう…と思っていました「寝言は寝て言え、カレーはまず食べろ」です。

「いい魚を仕入れてるから、すべて使わないともったいない」と生み出した、和のスパイスカレーですもん。そりゃもうオイシイッ!

旬香唐カレーの具とだしIMG_8530

魚骨出汁カレー具材には旬のハモ、ムール貝、ジャコ海老。出汁は、本マグロとハモとイワシ、いりこ、えび。

目の前に出されたときから、ほわ~っと立ちのぼる海の香りがたまりません。

肉の組み合わせ&旬野菜へのこだわりがスバラシイ♪

つくねのキーマも、食べ応えバツグン!
つくねは、1週間のうちのたった1日のために、こんなにこだわるのかってぐらいアレンジが重ねられているよう。かなりの肉感で、予想を上回ってきますよ~。

噛むほどにうまみがジュワッときて、混ぜていくことでさらにジュワジュワと。ピクルスとの相性も絶妙で、どこから攻めてもどう混ぜても、ずーっとおいしい!
この日の野菜は、山芋と茨木産のセロリと水前寺菜で、季節によって食材も変わります。歯ごたえやカレーとの組み合わせ、どこまで計算しつくしてくれてるんだ…と食べながら感動しました。

旬香唐カレー2IMG_8528
(写真、もう一回載せとこ♪)

あいがけカレーがナイスなのは、2種類それぞれの味と、混ぜていくことで味と食感の変化を楽しめるってところ。ずーっといろんな「オイシイ」が続くんです。

魚骨出汁のコクもしっかり感じますが、トータルでは「すっきり食べられるわ~」という印象が残り、クセになりそうなおいしさ。

ボリュームもあるし、お出汁や旬素材を使うアレンジは繊細で、そりゃ行列になるわなぁと納得しちゃいました。

旬香唐あいがけカレー初トライを楽しむために

旬香唐カレー食べ方IMG_8522

西中島の旬香唐を知っていてわざわざ来店している方も多いようですが、私のように初旬香唐な人や、そもそもそんなにカレーに詳しくないって人もいらっしゃいますよね。
初めての人や慣れてない人でも、余裕を持って旬香唐を楽しむためのポイントをントを、まとめます。参考になれば…。

旬香唐は並ぶ?

スパイスカレー旬香唐は人気で、オープン前から行列ができているようです。
オープン直前に人数がカウントされるので、複数で食べに行く場合は全員が揃ってから列に並びます。予約はできません。並んだもん順で♪

私は、台風がくるかも‥という日にいきましたが、それでもオープン前から並んでいました。暑い日も寒い日もあるだろうから、体調をバッチリ整えてGoです。

店内、どんな感じ?

店内は、キッチン前カウンターに9席ほどと壁際のカウンターに2席ほど。店内に入った順に、オーダーを聞いていってくれます。

私は最初の1巡目に入ったので、オーダーの時間も楽しめました。オーナーとお客さんがめちゃくちゃシンプルに掛け合いしていく感じです。
旬香唐は、オーナーのワンオペ。
「オーダーをとる」→「調理する」→「提供する」の流れが美しくって、ずっと見ていたいほど。カウンター席に座れたらラッキーですね。

一人ですべてを回すのでめちゃくちゃ忙しいはずですが、店にいるあいだじゅう、ずっと心地いいです。

あいがけカレー、どう頼む?

私、あんまり事前にチェックしないまま出かけちゃうので、席についてからどうオーダーしたらいいか迷ってしまいました。カウンターの上にあるメニューは、

春夏冬旬香唐カレーメニューIMG_8521

これだけです。

他のお客さんがどうオーダーしていくのか見ることができたので、それにならって「あいがけカレー、お豆腐で」と注文してみました。

以前「ごはんを豆腐に替えてもおいしいし、体重や血圧を気にしてる人に好評」とおっしゃってたなぁと思い出したからです。
下の写真は、お豆腐のところをアップしてみたものなんですけど、

旬香唐カレー豆腐のところIMG_8526

豆腐の隣にご飯が乗ってるの、わかります?
ここ、けっこうポイントです。

ちょっとだけでもいい。ごはんは、ぜひ

実は他の方が「お豆腐で」と頼んだときにオーナーが「小のごはん、つけなくていいですか?しゃばしゃばしてきちゃいますけど…」とおっしゃったんです。

なるほど~、そうなるのか…。
順番に提供されていくあいがけカレーを眺めていても、ごはんもかなりオイシソウ。

「湯豆腐+小ご飯」(+100円)にしてもらいました。

正解ッ!
昆布と日本酒で硬めに炊いたごはんは、出汁とよく合うんですって。イイ感じで出汁カレーを吸ってくれて、混ぜていくと、さらにおいしくなっていきました。

お豆腐とカレーのタッグも絶妙。お出汁まで余すことなくいただくには、米です、米!血圧や体重が気になっても、ドクターストップがかかっていないなら、ごはんは、ぜひ!

地図の中心へ

読者さんからも「…魚出汁をベースにしたスパイスがクセになるこだわりのお味が、開店前から行列ができるほどの人気だそうですよ」(papasfunさん)とコメントをいただいていました、ありがとうございます~。

土曜日だけの営業ですが、タイミングが合うならぜひ~。

【スパイスカレー旬香唐(土曜だけ)】

所在地: 茨木市中総持寺町10-10 ノアビル1F
電話: 072-609-0369
営業時間 毎週土曜 11:45~14:00
売り切れ次第終了

コメントを残す

CAPTCHA


画像を添付することが出来ます。(JPEGのみ)

サブコンテンツ