川端通りのキルシッカプーはコーヒーを飲める雑貨のお店

はい、茨木ジャーナルです。

茨木税務署の近く、川端通り沿いのオシャレなお店「kirsikkapuu(キルシッカプー)」へ行ってみました。

キルシッカプー外観正面429
(写真は2017年6月)

【川端通りカフェkirsikkapuu(キルシッカプー)は映画シーンのようなロケーション】(2017年6月)記事で紹介しているお店です。

税務署に近いので「あー、頑張ったぁ」と確定申告終わりに行ったこともありますが、久しぶりに行くと…

キルシッカプー店内入ってすぐ2019年7月IMG_0289

わぁ、雑貨のお店っぽい!
壁際に並んでる雑貨の棚は前のままだけど、お店の真ん中に置いていた大きなテーブルは、その上に雑貨が並べられていました。

あれれ?と振り返ると、川端通りを眺めるカウンター席ができていました。以前は、テーブル席が並んでいたっけ。

キルシッカプー店内2019年7月IMG_0288

そういえば、カフェがオープンしたと思って初めて訪れたときも「(雑貨を)見るだけでもいいんですよ~」とおっしゃってました。
ずっと雑貨店で働いていたので…と話していたオーナー。ご自身が「好き」と思うトコロを、さらに広げたお店になっているようです。

デザインのある雑貨を暮らしの中に

キルシッカプーお皿などIMG_0272

キルシッカプーに並ぶのは、オーナーご自身が北欧で買い付けたり国内外で出会った雑貨たち。どれもゆっくり見たくなるものばかりでした。

キッチンで使うもの、身につけるもの、文房具…。
普段使いしたいものや贈り物にしたくなるものと幅広く、見ているだけで楽しくなります。

キルシッカプーの文豪メモパッドIMG_0255

おぉ?と目に留まったのが、これ。
文豪メモパッドです。

だってキルシッカプーは川端通りにあって、この近くには川端康成文学館もありますもんね。もちろん探しましたよ、あの方のは?と。

「あー、これには川端康成さんはないんですぅ」とオーナー。
残念だぁ…とがっかりしていたら、出してくださったのが、

キルシッカプー文豪のハンカチIMG_0264

ハンカチ~!(ドラえもんがポケットから道具を出す風に読んでね)

肌ざわりの良さそうなハンカチに、茨木市名誉市民・川端康成さん。このハンカチは、クール!ほかに、デザインのある椅子や照明を描いた種類もあって、シンプルでステキでした。

「使うものだからこそ『デザインがある』っていいなぁって。そんな雑貨を置いてるので、楽しんでもらえたら」とオーナー。

なるほどぉ、だから見ていてわくわくするんだなぁ…なんて思っちゃいました。
「こんなのがあったら、めっちゃオシャレや~ん」と妄想が広がる楽しさがあるんです。行けばわかる♪

キルシッカプー店内窓側2019年7月IMG_0291

雑貨のお店なんだけど、コーヒーを飲めるスペースもちゃんとありました!
カウンター席になっているので、一人で来てちょっとお茶して…というお客さんが多いようです。緑が見える席でおしゃれな雑貨も眺めながらひと息…って、ステキ。

カフェ…というより、お茶できる雑貨店。お散歩途中にちょっとひと休みするのも、アリかな。

知り合いの作家さん繋がりで、ワークショップやイベントなどを開催することもあるようですよ。チェックしてみては?

【kirsikkapuu(キルシッカプー)】

所在地: 茨木市上中条2-6-25-2F
営業時間 11:00~18:30(LO 18:00)
火・水曜休み
キルシッカプーHP
駐車場はありません。
お店の前に自転車を停められます。
☆店内撮影はNGなものも。お店でご確認くださいね。

コメントを残す

CAPTCHA


画像を添付することが出来ます。(JPEGのみ)

サブコンテンツ