茨木亀岡線と忍頂寺福井線を横断ウォーク!茨木バス旅も

はい、茨木ジャーナルです。

市民レポーターさんが「茨木市にできた新しい道、行ってきたー!」とレポートが届きました。

そういえばサニータウンのもうちょっと山のほうで、道路の工事していたなぁ。

車でピュッと通るときに見かけてましたが、どんなふうに行ってきたんでしょう。
まずは、場所をチェックしまーす。

山手台側と大岩エリアの新しい道

今回、市民レポーターぱんちゃんが訪ねたのは、茨木市街地からR171を超えて北。彩都はなだ地区に2020年10月末にできた道路です。

茨木亀岡線(府道46号)と忍頂寺福井線(府道114号)を山手台(サニータウン)の北側でつないでいます。

0204彩都はなだ二丁目住居地表示IMG_8779


(マークしている間が、新しい道路です)

今回紹介する道より南のほうでは、2020年3月に「山麓線」が開通しています。今回できた新しい道路と山麓線の2本が、茨木市の北部エリアの東西を行き来しやすくしています。
■2020年3月24日
【安威と福井のあいだ、山麓線がつながった-茨木の風景】記事もよかったら。

では、レポをどうぞ!
(薄曇りの写真は、別日に撮ったものです)

茨木市彩都はなだ地区へGo!

0204ユニクロの物流施設IMG_8743

開発がどんどん進んできた『彩都はなだ地区』。UNIQLOでおなじみのファーストリテイリングやホンダなど、誰もが知っている有名な会社の倉庫や事務所などが、どんどん建設されています。

忍頂寺福井線と茨木亀岡線の間に新しい道路が開通されたって情報を教えてもらってから数ケ月。なんやかんやでやっと行くことができました。

0204阪急バス路線図IMG_9710

JR茨木バス停からは、阪急バス87系統(茨木サニータウン行)に乗車し、「団地入口前」で下車か、阪急茨木から89系統(車作行)に乗車して大岩口下車から徒歩か…どちらにしても、ちょっと(かなり)歩くので、どうやって行くか問題が発生。

で、結局は原付バイクを走らせて行ってみました。

この日は絵にかいたような青空でとても天気も良く、最高の撮影日和。

忍頂寺福井線を北上し、サニータウン側(上Mapで左側のポイント)から東へと、新しい道路を歩いてみます!

茨木市の北・ながいながい坂道が完成

茨木亀岡線から1青空道路スタート

さらの道路って気持ちええやん!!

邪魔にならない、道路交通法に違反しない場所に原付バイクを停めて、撮影開始。

茨木亀岡線から道へ2道路標示地面

道路ができたてなので道路標示がばっちり!!

茨木亀岡線からの道3自転車専用地面の表示

一番、すごいなぁと思ったのは自転車専用道路が整備されていること。

街中の自転車ナビラインには、停車中の車やトラックのために、自転車で走行するのがちょっと怖い場所もあるけど、ここは縁石で区切られているから安心ですね。

だけれど、ここに自転車で来るにはおそらく電動自転車じゃないと無理ではなかろうか?と心の声がささやきます。

しかもこの道路、ゆずの「夏色」のあのフレーズを、思わず口ずさんでしまいたくなる長い長い下り坂。

茨木亀岡線から坂の下へ4下り坂を上から見る

下が見えないくらいの、長い坂です。

0204忍頂寺福井線のほうを見るIMG_8769

坂を下る途中で振り返ると、こんな感じ。坂の上は忍頂寺福井線に繋がっています。

0204茨木箕面道路の自転車レーンIMG_8767

まだまだ続く坂道…。

0204大岩方面坂の上からIMG_8749

坂はけっこうな勾配です。

0204大岩方面標識IMG_8751

ゴールが近づいてきました。この先が茨木亀岡線。

茨木大岩のほうから坂を見上げる5下り坂を下から見る

ここまで、歩いたら結構かかりました。ふぅ。振り返ると、今歩いてきた上のほうは見えない。

茨木大岩のところ6下りきったとこ

ここが終点。

左は亀岡方面。右は茨木市街です。トラックがかなりの台数走行しているので合流には注意してくださいね。

撮影も終わったので、ひぃひぃ言いながら長い長い上り坂を戻ります。

0204大岩からサニータウン方面坂の上のほうIMG_8754

坂の先のほうが見えない…。

0204大岩から忍頂寺福井線へ戻る1IMG_8761

上り坂の半分を過ぎたころ。ここで今来た道を振り返ると、

0204忍頂寺福井線側から大岩の方を見る1IMG_8762

よく歩いたなぁ。

停めておいた原付バイクの場所へ徒歩で戻る途中、ちょうど団地入口方面からスーツを着た営業マン風の男性二人が…

「バス停から徒歩10分って…帰りは上り坂やん…何分かかるやろか…」と言いながら歩いておられました。ご苦労様です。。。。。。

<以上文:ぱんちゃん>

茨木バス旅―彩都はなだエリア

0204にんじゃるバスに乗るIMG_9712

市民レポーターさんのレポに「バスで行くなら」と停留所の案内があったので「え、行けるんちゃうん?」と思って、バスでも出かけてみました。

なんかモヤモヤする日が続いていたので、そんなときには「茨木バス旅」シリーズですよ。

にんじゃる桑原橋あたりバスの中からIMG_9717

阪急茨木停留所から、89系統で車作方面へ。平日のお昼過ぎ、ゆらゆらとバスに揺られて山の緑を窓から見る…、最高じゃないっすか。

0204バス大岩口停留所IMG_8714

30分ほどで目的地「大岩口」停留所に到着しました。運賃は390円でした。

ここより手前の「大門北」で降りてトンネルを歩くのも、おもしろいかも。私は、トンネルを一人で歩くことにビビッちゃったので、大岩口まで行きました。

大岩口の一つ手前の「生保」停留所は、新しくできた住宅地の中にありました。安威川ダム工事の関連かな。

0204大岩口から橋を渡るIMG_8721

大岩口からは、バスで来た道を戻ります。大岩橋の両側では、大規模な工事の様子がなんとなーく見えました。

0204大岩橋からバス停の方を見るIMG_8730

まあまあ長い橋を渡り終えるときに振り返ってパチリ。まだまだいろんなものをつくっているようです。

もう少し先のほうでは、

0204大岩橋からバス停の方を見るIMG_8730

さらに新しい道路をつくっていました。

新名神・茨木千堤寺インターに続く茨木摂津線へ、大岩のほうからもつなげるみたい。

0204大岩口から新しい道路へ行くIMG_8740

ぱんちゃんが「ここが終点」と言ってた場所。(厳密には「ここで折り返し」でしたよね、お疲れ様です)

大岩口バス停からここまでは、キョロキョロ景色を見ながらだったのであっという間でした。下り坂になっていたし、ラク~。

ぱんちゃんレポにあるように、新しい道路に入ると急なのぼり坂がずーっと続きます。歩き始めてちょっとのところで、振り返ってみます。

0204大岩のほうの坂道IMG_8747

勾配があるのと、交通量が多いのがわかるでしょうか。歩道と自転車専用道路の幅が広いのも、わかる?

この道を、ぱんちゃんは往復したんだなぁ…と思うと、いやぁスゴイ!歩いて下るのって意外と大変だし、そこから折り返して上るって…。

0204忍頂寺福井線のほうIMG_8771

私はバス旅だったので、帰りは山手台(サニータウン)のほうから阪急茨木へ戻ることに。

忍頂寺福井線にぶつかるところが終点。山手台の「団地入口前」バス停に行きたいので左折します。

0204サニータウンのほうへIMG_8782

ぱんちゃんレポで「団地入口方面からスーツを着た営業マン風の男性二人が…」と書いてありましたが、この道をずーっと歩いてこられたのかな。ここも坂道です。

タイミングによっては、

0204阪急バス茨木市街地方面へIMG_8789

「あ、バスやん」…ってことになって、ちょっと悲しい。

新しい道路へは「大岩口」と「団地入口前」のどちらのバス停から行くかを決めるのは、バスの本数で考えました。

運行本数の多いバス停から乗ろうと思って、山手台の「団地入口前」から帰ることにしました。

といっても、一時間に2~3本。

0204サニータウン団地入口前バス停IMG_8792

彩都はなだ二丁目エリアから5分かなぁ、10分かなぁ…。てくてく歩いて、団地入口前のバス停に到着です。

大岩口バス停~新しい道路~団地入口前バス停と歩いてみて、最後の団地入口前までのくねくねカーブが、一番心細かったかなぁ。

0204忍頂寺福井線から見える風景IMG_8784

遠くに山の間を通る道が見えたり、お天気が良かったらさらに気持ちよかったと思います。

バス停では40分近く待ちました。阪急茨木まで行くバスは本数が少く、JR茨木バス停へ帰るほうが便利そうでした。(阪急茨木バス停までの運賃は330円)

新しい道ウォークをしてみて

大岩途中の会社の壁IMG_8750

今回の新しい道ウォークは、市民レポーターさんのレポを見て、バスで行けるんだとわかりました。ぱんちゃん、ありがとうございます!

歩いて思ったのは、意外と近隣の方が散歩なさっているんだということ。大岩口バス停付近では、車作方面から歩いてこられている人に出会ったし。

どこかへ行く…というよりは、なんとなく歩いてみるとか、景色を眺めてみるとか、そんな身近な道路になっているように感じました。

自転車なら、また別の気持ちよさもありそう。慣れている人はぜひ!

■2019年11月
【茨木の紅葉スポット大門寺へ!-茨木バス旅・行きと帰りで異なるルート】記事もよかったら。

~お知らせ~
茨木ジャーナルでは、市民レポーターさんを募集しています。
「見たこと、行ったところのこと、伝えたい~」という人は、ぜひ。「記事とか書いたことない」という人も大歓迎です♪

【茨木ジャーナルとは】ページをチェックしてみてくださいね。

コメントを残す

CAPTCHA


画像を添付することが出来ます。(JPEGのみ)

サブコンテンツ