阪急南茨木駅の工事は-新しい階段も完成

はい、茨木ジャーナルです。

「南茨木駅の既存階段閉鎖で、新階段運用されてます。」(クワバラキヨノリさん)とコメントが届きました。

阪急南茨木駅のビルは、2018年6月の大阪北部地震で被害に遭って、工事が今も続いています。

10月には東側のエレベーターの運用が始まって、車いすやベビーカーを利用する人や階段が辛い人にも便利になりました。

【今日のいばらき-10/1から南茨木駅の東側エレベーター使える!】(2020年10月1日)記事参照。

南茨木駅の東側階段は

階段が新しくなった様子を見に行ってみました。

阪急南茨木駅の西側から改札階へ上がり、東側の階段へと向かいます。

1215南茨木改札階IMG_8385

改札を過ぎると、階段もエレベーターもこっちです、の案内表示。

前の階段とはまったく違う、とても明るい階段が完成していました。

1215阪急南茨木駅の階段IMG_8391

モノレールも見えるようになっていて、とにかく明るい~!外が見えると、気分が違いますね。

1215南茨木駅工事案内1IMG_8386

上の写真は、改札階に掲示されていた工事の図。丁寧に建物の工事がどう進んでいくのかが案内されていました。

2つ青枠をつけていますが、下が今の図。ピンクで囲んでいるのが、12月10日から利用開始になった新しい階段の場所。

上の青枠にあるピンクの印が、これまでの階段の場所。

1001南茨木駅エレベーターと階段の案内IMG_7046[5866]
(写真は2020年10月1日)

上は、エレベーター利用が始まった10月1日の写真。先日行くと、工事の壁面の案内表示が、

1215阪急南茨木駅工事の様子IMG_8392
(写真は2020年12月15日)

こう変わっていました。「→」が全部右のほうを指しています。向かって左のほうへと歩いてみると、

1215阪急南茨木駅の工事の様子2IMG_8393

「すんごい右を推してくるね…」という工事の囲い。

前の階段の場所は、ぼんやり歩いていたら気付かず過ぎていました。

1215阪急南茨木駅工事サンチャイルドとIMG_8396

向かいの建物あたりから見たところ。「すごい右を推してくるね…」の壁面です。

下が12月3日の様子。

1203南茨木駅工事の様子IMG_8072

上の写真と比べると、工事の囲いに変化があるのがわかります。

1215阪急南茨木駅工事階段の案内IMG_8397

東側ロータリーの角に掲示されていた案内。

階段を使うとき、建物に向かって左へ行っていましたが、今は右へ。エレベーターも階段も、同じ出入り口から利用できます。

1203南茨木駅新しい階段工事IMG_8074
(写真は2020年12月3日)

南茨木駅のビル、使いやすくなりました。
エレベーターと階段の利用ができるようになって、これでⅠ期工事は完了。

Ⅱ期工事でビルが本格的に建て替えられて、新しくエスカレーターも設置されるようです。

大変な工事だー。
駅の利用も止めずに駅のビルを建て替えるんですもんね…、大変そう。
駅ビルにどんなお店ができるのかも、楽しみです!

☆2020年10月26日【今日のいばらき10/26-サンチャイルド、どしたん?】記事もよかったら♪

コメントを残す

CAPTCHA


画像を添付することが出来ます。(JPEGのみ)

サブコンテンツ